長野とFC東京U−23の一戦はドロー…互いに連勝目指すも得点奪えず

写真拡大

 2017明治安田生命J3リーグ第6節が30日に行われ、AC長野パルセイロとFC東京U−23が対戦した。

 前半は長野がやや押し込む展開となったが、得点は生まれないまま折り返す。後半に入るとFC東京U−23が徐々に試合の主導権を握ったものの、決定機を作り出すことはできない。

 長野はロングスローから二度のシュートチャンスを迎えたが決めきることはできず、FC東京U−23は72分にペナルティエリア外中央から久保建英が右足で狙ったが、GKに弾かれてしまった。

 結局最後までスコアが動くことはなく、試合は0−0で終了。互いに連勝を目指したが、勝ち点1を分け合うこととなった。

 次節、長野は5月7日に・アウェイでグルージャ盛岡と、FC東京U−23は同6日にホームでFC琉球と対戦する。

【スコア】
AC長野パルセイロ 0−0 FC東京U−23