BUCK-TICKの熱いライブがよみがえる (C)2017 BUCK-TICK MOVIE PROJECT

写真拡大

 ロックバンド「BUCK-TICK」のライブドキュメンタリー「BUCK-TICK CLIMAX TOGETHER ON SCREEN 1992-2016」のポスタービジュアルが、このほど公開された。

 本作は1992、2004、16年に横浜アリーナで開催された同バンドのスペシャルライブ「CLIMAX TOGETHER」に焦点を当てたドキュメンタリー。12年周期で開催された同公演をメンバーが振り返り、各ライブを1本の映像作品としてつなぎ直すことによって、バンドの成長、ファンとの関係性、87年のメジャーデビュー以来メンバーが変わることなく活動を続けているBUCK-TICKの唯一無二の存在感を浮かび上がらせる。

 ポスタービジュアルは、16年公演でメンバー5人が真剣な表情でパフォーマンスする姿や、ステージに上に5人のシルエットが浮かび上がる92年公演のドラマチックなひと幕を切り取っており、ライブの臨場感や熱量が伝わってくる。

 現在、同バンドのTwitter、Instagram、Facebook、Tumblrでは、「CLIMAX TOGETHER」ライブにまつわるエピソードや映画に対する応援メッセージを募集中。ハッシュタグ「#BUCKTICKと私」「#Episode of BT」をつけてコメントを投稿すると、特設サイト(https://bt-movie.tumblr.com/)で紹介される。「BUCK-TICK CLIMAX TOGETHER ON SCREEN 1992-2016」は、6月24日から東京・新宿バルト9ほかで2週間限定公開。