写真は26日に行われたイタリア戦のスターティングメンバー

写真拡大

 U-15日本代表は29日、『第14回デッレナツィオーニトーナメント』の順位決定戦1回戦(5位〜8位)でU-15オーストリア代表と対戦し、4-0で快勝した。5月1日に行われる5・6位決定戦では、グループリーグで1-1と引き分けたU-15イタリア代表と対戦する。

 長時間移動を経ての試合となったが、日本が前半9分に幸先よく先制。FW吉田有志がPA手前で相手からボールを奪い、そのまま自らドリブルシュートを決め、スコアを1-0とする。さらに13分にはMF成岡輝瑠がPKのキッカーを務め、一度は相手GKに止められたが、こぼれ球を自ら押し込み、リードを広げた。

 前半終了間際には相手の背後をついた吉田が飛び出したGKをかわして中央へパス。これをFW古薗汰久己が無人のゴールに流し込み、3-0で前半を折り返す。後半も勢いが止まらない日本は後半15分、FKの流れからMF近藤蔵波が試合を決定づける一発を沈め、4-0。安定した守りで相手に得点を与えず、オーストリアに快勝した。

 日本サッカー協会(JFA)によると、DF下川太陽は「個人的には反省点が多い試合でした。1対1の強さなど、まだまだ向上出来る部分を多く感じたので、最後の1試合で改善するとともに、自分の持ち味であるサイドからのオーバーラップを多く仕掛け、チームの勝利に貢献したいです。イタリアは、グループステージで試合終了間際に失点し同点になったチームなので、次は絶対に勝ちきりたいです」と最終戦へ意気込んだ。

 以下、試合記録

■U-15日本 4-0(前半3-0)U-15オーストリア

<得点者>

9分:吉田有志

13分:成岡輝瑠(PK)

35分:古薗汰久己

50分:近藤蔵波


<出場メンバー>

GK 山田大樹

DF 半田陸

DF 鈴木海音

DF 佐古真礼

DF 下川太陽

MF 前田龍大

(36分→MF 西川潤)

MF 成岡輝瑠

(36分→DF 横川旦陽)

MF 中野桂太

(53分→DF 佐藤優斗)

MF 近藤蔵波

FW 吉田有志

FW 古薗汰久己

(36分→MF 角昂志郎)

控え

GK 鈴木彩艶

FW 大澤朋也