「シカゴ・タイプライター」ユ・アイン、イム・スジョンに本音を告白

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
ユ・アインがイム・スジョンに本音を告白した。

韓国で29日に放送されたtvN金土ドラマ「シカゴ・タイプライター」では、ハン・セジュ(ユ・アイン) がペク・テミン(クァク・シヤン) の前でチョン・ソル(イム・スジョン) を無理やり連れてくる場面が描かれた。

チョン・ソルはセジュのこのような行動が理解できず、「なぜ私にこんなことをするの?」と声を上げた。するとセジュは「チョン・ソルさんを見ていると、僕の心臓が跳ねる」と告白した。

チョン・ソルは驚いたが、セジュは「それがチョン・ソルさんのためなのか、とても昔に知っていたある人のためなのか紛らわしい。その人の顔が被って見えて、混乱する」と打ち明けた。

しかし、この告白はチョン・ソルを怒らせてしまった。チョン・ソルは「だから、似たものを代わりにしているということなのね?何よ、この失礼な話!」と言い、背を向けた。

セジュはチョン・ソルがなぜ怒ったか分からなかった。すべてを見守っていたユ・ジノ(コ・ギョンピョ) は「作家さんは恋愛をしたことがないですか?」と言いながら首を振り、笑いを誘った。