三上延氏

写真拡大

■人の手を渡った古い本には物語がある

人の手を渡った古い本には、中身だけでなく本そのものに物語がある――。鎌倉の片隅にある古書店を舞台に、うら若き店主・篠川栞子と店員の五浦大輔のコンビが、古書にまつわる謎を解いていく『ビブリア古書堂の事件手帖』が人気だ。2011年3月に第1巻が発売され、この2月に発売された第7巻で累計発行部数が640万部のベストセラーになっている。

「高校、大学はずっと文芸部に所属していました。南米の作家、ガルシア・マルケスが好きで、大人のための残酷な童話『エレンディラ』や『百年の孤独』などに影響されて、部誌に幻想的な短編などを書いていました。仲間が『おもしろい』といってくれることに気をよくして、将来は作家になるのは当然のように思っていたのです。でも、実際にデビューできるまでには10数年かかりましたけれど(笑)」

こう話す作者の三上延氏は、その初志を貫徹するために大学を卒業しても就職をしないで作品を書き続けたのだという。高度経済成長期のサラリーマンで、本を読む暇もなかったという父親からは「28歳までは好きにしていい」との許しをもらい、いくつもの賞に応募するものの、なかなか入選にはいたらなかった。もちろん、それなりの不安がなかったはずはない。本を買うために中古レコード店でアルバイトをしたのもこの頃である。そして、約束の年齢になったとき古書店に勤務。「いよいよだめなら、古本屋になろう」と腹をくくる。

三上氏は「古本だけでなく、マンガやゲームなどの買い取り、値付けをしながら原稿に取り組みました。そして『ダーク・バイオレッツ』というホラーノベルが、メディアワークス(現、KADOKAWA アスキー・メディアワークス)の主宰する電撃小説大賞で3次選考までいったのです。賞こそ取れませんでしたが、編集部の目に留まり、2002年にデビューできました」と話す。

■登場する本はブックガイドのつもり

この作品を皮切りに「電撃文庫」から6つのシリーズ作品を次々に出版していく。やはり、ホラー風の作品が多かったが、11年3月に発表した『ビブリア古書堂の事件手帖』がヒット作になった。第1巻のあとがきに「いつの頃からか、古書についての話を書いてみたいと思うようになっていました。北鎌倉を舞台にしたのは、昔からぼくがよく知っていて、ぼくの書きたいイメージに合った静かな土地だったからです」と記している。古都・鎌倉の醸し出す雰囲気が女性の支持を広げたのだろう。

執筆当初、想定していた読者は、主人公の大輔のように本を読まない20代の男性だった。これは三上氏の初期作品を読みながら育った世代といってもいい。だからこそ栞子は、そんな世代の青年の心をくすぐるメガネをかけた胸の大きい年上女性にしたのだという。

しかし、実際には中高年のファンも少なくないらしい。所属するレーベルは「ライトノベル」と呼ばれるジャンルに分類されることもあるが、その読み応えは力のある文芸作品と比べてもまったく遜色ない。そうした作品のもつ力は、三上氏の豊富な読書量に裏付けられたものだろう。作品のなかで取り上げる古本については、ブックガイドのつもりでも書いているという。

「本というのは楽しいという気持ちを、古書を通して伝えたかったのです。短編の連作になっていて、毎回、何らかの本が登場します。第1巻には夏目漱石の『それから』や太宰治『晩年』、あまり知られていないかもしれませんが、私の好きな小山清の『落穂拾ひ』などが出てきます。そして、その本にまつわる謎解きが進められるという設定です。苦労したのは、古書の独特の味わいを読者にどうわかってもらうかでした。読者の人が興味を持ってくれる本が1冊でも増えればうれしい」(三上氏)

■数世代の成長と老いを見つめる次回作

前作から2年ぶりのシリーズ完結となる第7巻では、イギリスの劇作家・シェイクスピアの希少本をめぐってストーリーが展開していく。驚くのは、そのために三上氏が読み込んだ資料の多さだ。巻末には松岡和子訳『シェイクスピア全集』(ちくま文庫)から専門書、解説書、洋書など43件にものぼる多彩な参考文献が列記されている。

いま次作の準備に取りかかっている。舞台は、昭和初期から平成まで数世代の人たちが住んだ東京・渋谷の「代官山同潤会アパート」。いま多くの人が住むマンションの原型となった建物で、日本で最初期の集合住宅だ。住宅史、文化史だけでなく、日本の近代史にも深くかかわる。どんな資料を読み込んで、その舞台を効果的に描くのか。物語だけでなく、次作の「参考文献」を読むのも、いまから楽しみである。

----------

三上延(みかみ・えん)
1971年、神奈川県生まれ。10歳で藤沢市に転居。大学卒業後、藤沢市の中古レコード店で2年、古書店で3年アルバイト勤務。古書店での担当は絶版ビデオ、映画パンフレット、絶版文庫、古書マンガなど。2002年に電撃文庫『ダーク・バイオレッツ』でデビュー。

----------

(ジャーナリスト 岡村繁雄=文)