【詳細】他の写真はこちら

いままでにないカタチって、見ていてわくわくします。

いよいよ春が到来し、次にやってくる夏に向けて用意しておきたい「扇風機」。最近は付加価値をアピールする製品も増えてきました。そんな中ドウシシャは、扇風機ブランド『kamomefan(カモメファン)』』の新製品として、折りたたみ式の三脚構造を搭載した『kamomefan Fシリーズ』(FKLS-201D/SLKF-201D)の販売を開始しました。価格は2万1880円(税別)で、本体カラーはシルバーとシャンパンゴールドの2色です。

そもそもどのへんがカモメなの?





本扇風機の名称にもなった「カモメ」ですが、これはカモメの羽にヒントを得た「バイオミミクリー(生態模倣学)」設計の羽根に由来します。柔らかい素材でできた羽根は振動と騒音を抑え、羽根がしなることで風量が増加。風の届く距離は最大17mと、小さな本体でも効率的に心地よい風を届けてくれるんです。



静音性と疲れにくさも特徴





『kamomefan』に採用されているプロペラは船舶用プロペラメーカーのナカシマプロペラとの共同開発で、最小時の回転音は木の葉の触れ合う音よりも静かなのだそう。それだけでなく、浴びつづけても疲れにくい風を実現してくれるんですって。これならお昼寝や夜間の長時間利用にも、リラックスして使えそうですね。

三脚構造だから狭い場所でも活躍





『kamomefan Fシリーズ』では、本体下部に折りたたみ式の三脚構造を採用したことで狭い場所へ置けるようになったのはもちろん、接地面積が小さくなることで床にホコリが溜まりにくくなる効果もあるのだとか。また、脚部にはマグネット式リモコンの取り付けも可能です。

首振りは左右(30度、60度、90度から選択可能)に加え、上下100度の設定も可能。また扇風機自体の角度を下向きに10度、上向き90度に向けることができます。例えば洗濯物を乾かす時などに役立かも。今年の夏を快適に過ごしたい方にとっては、検討に値する製品となりそうですね。

文/塚本直樹

関連サイト



「kamomefan」シリーズ製品サイト

『kamomefan Fシリーズ』製品情報ページ

『kamomefan Fシリーズ』プレスリリース

関連記事



“自然の涼風そのもの”の心地よさ。扇風機の最高傑作『GreenFan Japan』【未来に残したい家電遺産】

10万円でおじゃる。工芸家電『創風機 Q』越前漆モデルが予約好調らしい

“空気を可視化する”空気清浄機能付きファンからダイソンが目指すIoTを垣間見た