写真提供:マイナビニュース

写真拡大

公開初日を迎えた映画『帝一の國』の舞台あいさつが29日、東京・六本木のTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、主演の菅田将暉をはじめ、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大、永野芽郁、吉田鋼太郎、永井聡監督が出席した。

主演の菅田将暉らキャスト陣と永井聡監督が登壇して行われた初日舞台あいさつ。菅田が「同世代のみんなと吉田鋼太郎さん、永野芽郁ちゃん、そしてスタッフさんと必死で作ったものが初日を迎えるというのは、寂しくもありうれしくもあります」と感慨深げで「どこか果たし状だと思って作っていたので、これが今日公開になってどうなるのかすごく楽しみです」と渾身の作品とあって、観客の反応に期待を寄せた。そんな菅田らが演じたキャラクターの中で「付き合いたいと思うのは?」という質問を投げ掛けられた永野は「菊馬くん(野村)は無理なんですよ。弾(竹内)くんがいいですね。弾くんは男性からも女性からも好かれるキャラクターだと思います」と回答。すると弾役の竹内は「全部ウソですけどね」と否定的なコメントも笑顔を見せた。

最後に間宮から「オールアップの日に撮影が残っていた将暉をみんなで待っていたんです。撮影が終わった将暉は、全員にキスして周りました。マウス・トゥ・マウスで一人ずつ。あれは何だ?」と詰め寄られた菅田は「一番最初に目が合ったのが周平。"ありがとう"という気持ちで自然とキスをし、そしたら全員キスする流れになりました。でもみんなも(キス)を待っていたよね(笑)」と周囲に同意を求めた。その菅田に一番最初にキスをされた野村は「俺の時だけディープキス」と笑わせ、「僕らは永遠のライバルでいきましょう。久々に共演して改めて芝居の演りやすさを再発見できたので、また共演できたらと思います」と再会を臨み、菅田も「信頼と安心の野村周平。結構2人のシーンが多かったんですが、帝一と菊馬になれたので本当に楽しかったです」と満足げだった。

古屋兎丸による同名コミックを実写化した本作。生徒会長を勤めれば将来の内閣入りが確約されるという日本一の名門校を舞台に、菅田演じる1年生・赤場帝一が生徒会長選に挑む。個性的なエリート男性キャラクターが集まり、2014年には舞台化も話題を呼んだ。