ペク・ジニ、大統領選挙の「投票促進キャンペーン」に参加“投票は民主主義の第一歩だと思う”

写真拡大

女優ペク・ジニが投票について意識のある発言をした。

コ・アソン、ペク・ジニ、ソ・イヒョン、イ・ジョンヒョン、ハン・イェリらは最近ソウル江南(カンナム) 区論硯洞(ノンヒョンドン) のあるスタジオで行われた「0509 バラプロジェクト」に参加した。

同日ペク・ジニは「投票は民主主義の第一歩だと思う」とし「民主主義と言えば包括的で難しく感じられるかもしれないが、投票を通じて一歩進むようになり、自然にそれを実現できるようになる」と伝え、普段からの投票に関する自身だけの哲学を語った。

続けてペク・ジニは「投票の際にはあまりにもイメージだけで判断するのはいけないと思う。生計がかかっているので、様々な複合的なものとともに責任感を持つべきだと思う」とつけ加えた。

ペク・ジニはグラビアの撮影で20代の爽やかな魅力をそのまま盛り込んだ表情を披露し、投票への参加を促した。

「0509 バラプロジェクト」は、「無協賛・無団体・ノーギャランティー」で各界各層の人物が力を合わせて行う投票奨励キャンペーンだ。