モデル・マギーが腹筋運動なしで「ペタンコ腹」をキープする秘訣

写真拡大

 美しいお腹のくびれが評判のモデルのマギーさん。それは日ごろの努力の賜物だったようです。秘訣は普段から、“常にお腹をへこませ力を入れること”。一般的に引き締まったウエストをキープするためには腹筋運動が欠かせないと言われますが、マギーさんは一切していないのだとか。かつては腹筋を鍛えていた時期もあったそうですが、筋肉がつくとゴツい印象があるので、その代わり日頃のお腹への意識がけでキレイなラインを保っているようです。

「美腹」といえばタレントの熊田曜子さん。やはり彼女も普段から腹筋を意識するのは欠かせないと言います。彼女の場合は、ベリーダンスで腹筋と背筋を鍛えているそう。ベリーダンスを楽しく踊りながら美腹が作れるのですから、一石二鳥ですね。

 また、女優でモデルの菜々緒さんは、ある特殊な腹筋運動をインスタグラムで公開しています。スライディングボードを足の下に敷いて、腕立て伏せの姿勢から足を前にスライドさせ、腹筋の力だけで立ち上がるというもの。こちらは美腹を超えて、腹を割る勢いのようです。

 このように、お腹自慢のタレントさんたちは、日頃からお腹を“意識しまくる”生活を送っています。美しいくびれを目指すなら、ツラい運動をしなくとも、普段の意識がけがポイントになりそうです。