紫外線対策としてからサングラスを使用している方は少なくありません。紫外線による目に蓄積されたダメージは、様々な眼病を招きかねないからです。最近では目から入る紫外線がシミの原因になることも知られています。では紫外線対策としてあなたが使用しているサングラスはどのようなものでしょうか?いかにも光を通さなさそうな真っ黒のサングラスでしょうか?場合によってはこの真っ黒なサングラスが紫外線対策としては逆効果となってしまうこともあるのです。

「真っ黒なサングラスなら良い」は大きな間違い

黒はあまり光を通さないからか、黒いサングラスは紫外線にめっぽう強いものだ、真っ黒なサングラスほど優秀なものだ、と認識されがちです。しかし残念ながらこれは大きな間違いなのです。というのも、黒いサングラスにはより多くの紫外線を目に集めてしまう性質があり、かえって目にダメージを蓄積させてしまうことがあるからです。何故黒いサングラスには紫外線を目に集める性質があるのか。それは人の目には暗順応という機能があるからです。

人の目の「暗順応」ってなに?

そもそも人の目には、光の少なく暗いところでは瞳孔を開き、なるべく多くの光を集めようとする「暗順応」という機能が備わっています。例えば真っ暗な部屋に入り、最初はなにも見えなくても、徐々に慣れてきてやがてぼんやり部屋の中の様子がわかるようになる経験は誰にでもありますよね。これが暗順応。暗い場で視力が向上するこの働きは素晴らしいのですが、紫外線対策にとっては致命的。わたしたちが黒いサングラスをかけることで目の周辺が暗くなり、この暗順応が機能することで、目はより多くの光を集めようとします。すると同時により多くの紫外線が目に集められることとなってしまうのです。このため黒いサングラスは紫外線対策において逆効果となることが考えられるのです。

紫外線カット率に注目

黒いサングラスが逆効果となることもあると紹介しましたが、別に全ての黒いサングラスが悪いというわけではありません。サングラスの色・形に関わらず、十分に紫外線をカットできる性能があるかどうかが重要です。市販のサングラスを見てみると、紫外線カット率○○%といった表記がありますよね。これを参考に紫外線をカットできる性能を見極める必要があります。紫外線をカットできる性能が高ければ、例え色が透明に近いサングラスであっても十分に効果が期待できます。日頃からサングラスで紫外線対策を行っているという方は、今一度自分のサングラスの性能を確認してみてくださいね。


writer:サプリ編集部