右サイドで精力的な上下動を繰り返し、存在感を発揮した田中。攻守にアグレッシブなプレーと、仲間を思いやる強い気持ちで、チームを鼓舞した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

[J2第10節]松本4-0讃岐/4月29日/松本平広域公園総合球技場
 
 その怒声は、記者席まで届いた。
 
「ちゃんと見ていたんですか!」
 
 声の主は、田中隼磨。メインスタンド側のタッチラインにいる線審に向かって、背番号3は怒りを露わにしていた。
 
 すぐ側で、頭を押さえてピッチに倒れ込む岩間がいる。センターライン付近、走り込んできた相手とのすれ違いざまにひじ打ちを浴び、しばらく起き上がれなかった。
 
 近くにいるのに、どうして見ていなかったのか――田中の表情は真剣そのものだった。怪我につながるかもしれないラフプレーが、どうしても許せなかった。線審だけでなく、主審にも、ひじ打ちをした相手にも、田中は強い口調で食ってかかった。
 
「あれは本当に……ダメなことは、ダメだから。みんな落ち着けとか言っているけど、明らかに、ひじが頭に強く当たっている。俺はそれを見ているから。それは主張しなければいけない。興奮していたわけじゃない」
 
 また別の感情も、その胸中に渦巻く。なぜ、自分だけが強く抗議しているのか。「だから、俺ひとりだけ、ちょっと浮いているみたいな感じになって。それは違うと思う」。数で審判を圧倒したかったわけじゃない。チームとして、戦ってほしかった。
 
「名古屋やマリノスなら、チーム全員で抗議していたと思う。仲間がやられているんだから、それを助けるのがチームメイト。闘莉王とか、ボンバー(中澤佑二)とか、俊さん(中村俊輔)がそうやっている姿を見て、俺も一緒に抗議していたし。全員でやらないと。俺があれだけ言っているんだから、そこは感じてほしかった」
 
 田中は自分の想いを、試合後には伝えたという。あれだけの怒りを表現するのは、田中にしては珍しいが、「自分に自信があったから」、一歩も引かなかった。
 
“正当な主張”は、裁く側にもちゃんと伝わっていた。
 
「俺も何年もサッカーをやっているし、その俺があれだけ言ってるんだから、審判も何かを感じ取ってくれたんだと思う。『見ていなかった』と、正直に言ってくれた。『隼磨さんがあれだけ言うから、何かあったと思いました』とも。それは俺も嬉しかった」
 
【松本 4-0 讃岐 PHOTO】松本が4発快勝!讃岐は退場者が2人と厳しい戦いに…
 チームのためなら、全身全霊をかけて戦い、どんな些細なことでも、手を抜かない。そのスタンスは今も貫かれている。
 
 後半を半ばも過ぎた頃、松本が相手陣内に攻め込む。右サイドから田中も駆け上がる。結局、その攻撃はゴールにつながらなかった。田中にもボールが渡らなかった。プレーが切れた瞬間、田中は攻め上がった時と同じスピードで自陣に戻り、自分がマークすべき相手の近くにポジションを取る。
 
「テレビでは映らないところかもしれないけど、そういうプレーを俺がやることで、チームもついてきてくれれば。監督もそれを俺に求めていると思う。口で言うのではなく、背中で見せる。たとえ3-0になっても、それは変わらない」
 
 相変わらずですね、と問いかけると、「あれがなくなったら、俺じゃないしね」と、さらりと言ってのける。
 
「まだまだ身体は動くから、続けていきたい。それが俺たちのスタイル。ああいう姿を見せるために、監督も選手を送り出している。ファンやサポーターも、それを見るためにスタジアムに来てくれているから」
 
 華麗なサッカーではないかもしれないが、泥臭く、エネルギッシュに、最後の1秒まで、全力で尽くす。「俺たちには、俺たちのやり方がある」と言葉に力を込める田中は、強烈なリーダーシップで、チームの先頭に立って走り続けている。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)