「ボンジュール、アン!」場面カット (C)American Zoetrope, 2016

写真拡大

 巨匠フランシス・フォード・コッポラの妻エレノア・コッポラが80歳にして初長編劇映画監督を務めた「PARIS CAN WAIT」が、「ボンジュール、アン!」の邦題で公開されることが決定した。

 世界的な映画監督の夫や、女性監督として活躍する娘ソフィア・コッポラ、脚本家・プロデューサーのロマン・コッポラといった“映画一家”を支えてきたエレノアが、自身の体験を基に脚本を執筆。映画プロデューサーの夫を持つ妻を主人公に、夫婦の物語を紡いだ。

 映画プロデューサーのマイケルは、仕事では成功を収めているものの、妻アンには無頓着。人生の岐路に立っていると感じていたアンは、ある日、マイケルとともに仏カンヌからパリへ車で7時間かけて向かうことになる。すると、ただの移動に過ぎなかったドライブが、自分自身を見つめ直し、人生の喜びや幸福を新たに発見する旅になっていく。

 アンにダイアン・レイン、マイケルにアレック・ボールドウィンが扮するほか、俳優・監督・脚本家のアルノー・ビアールが、夫婦と旅をともにするマイケルの仕事仲間役を演じる。

 「ボンジュール、アン!」は、7月7日から東京・TOHOシネマズシャンテほか全国で公開。