さまぁ〜ず&歴代アシスタントの5ショットは見る者を幸せな気分にさせてくれること請け合い! 「三村さんの“大江さん溺愛っぷり”にもご注目ください(笑)」とは狩野アナの弁/(c)テレビ東京

写真拡大

 さまぁ〜ずが若手女性アナウンサーと共に、何もない街や都会の裏道といった“モヤモヤ”スポットを訪ね歩くお散歩番組「モヤモヤさまぁ〜ず2」(テレビ東京系ほか)が、この春放送10周年を迎えた。これを記念して、4月30日(日)には3時間半にわたる10周年SPを放送。初代アシスタントの大江麻理子が約4年ぶりに番組に登場し、さまぁ〜ずと3人で長野県・上田市を訪ねるほか、2代目の狩野恵里アナ、3代目で現アシスタントの福田典子アナも加わり、5人で同県・松本市へ。“モヤさま”ならではのぶらぶら珍道中が展開される。

こちらは「モヤさま」10年の歴史。正月特番、深夜の30分番組を経て、今やテレビ東京の看板番組に!

 5人でのロケを終えたさまぁ〜ずは、「3人そろうと個性があって、そのときそのときを思い出すね。やれて良かった」(三村マサカズ)、「勝手知ったるみんなとやれて楽しかった。大江は4年のブランクもなく、狩野も全部出し切った」(大竹一樹)と十分な手応えを感じた様子。

 そして大江は「さまぁ〜ずさんと一緒に歩けば、街に住む方々の面白さは不変であることが分かります。私たちと一緒に歩いている感覚でごらんください」、狩野は「さまぁ〜ずさんの手によって、見事に3人のキャラクターが浮き彫りに!」、福田は「まるで10周年記念の家族旅行のようなロケでした!」と、それぞれに今回の特番の見どころを教えてくれた。

 10年を経た今も、幸せな空気に満ちあふれている“モヤさま”。これほど空気感が変わらず新鮮さを保っている番組も珍しい。「世界一ドイヒー(=ヒドい)な番組」を自称しているが、ちっともドイヒーではないのだ。…とはいえ、われわれはさまぁ〜ずの悪ふざけに「ドイヒ〜!」などと笑いながら楽しむのが“モヤさま”の正しい観賞法ではある。