モイーズ招へいのサンダーランド、わずか5勝で10年ぶりの2部降格が決定…《プレミアリーグ》

写真拡大

▽29日にプレミアリーグ第35節のサンダーランドvsボーンマスが行われ、0-1でボーンマスが勝利した。この結果、サンダーランドのチャンピオンシップ(2部リーグ)降格が決定した。

▽試合は序盤からボーンマスが主導権を握る。20分、アフォベのパスに抜け出したJ・キングがボックス左から侵入し、ゴール右上を狙ったコントロールシュートを放ったが、これはクロスバーを直撃。

▽ゴールレスで迎えた後半も最初のチャンスはサンダーランド。51分、デフォーのパスでボックス右に侵入したボリーニがゴール右からシュートを放ったが、これはGKボルツのファインセーブに阻まれる。

▽その後も一進一退の攻防が続く中、試合を動かしたのはボーンマス。88分、ムセのスルーパスに抜け出したフレイザーがボックス右から侵入。相手DFを引き付け折り返すと、逆サイドでフリーのJ・キングが冷静にゴールネットを揺らした。結局、このゴールが決勝点となり、サンダーランドは0-1で敗戦した。

▽この敗戦でサンダーランドのチャンピオンシップ降格が決定。10年ぶりの4度目の降格となり、2003-04シーズン以来の2部降格となった。昨季は降格圏ギリギリの17位でシーズンを終え、巻き返しを図りたいチームは新監督にデイビッド・モイーズ氏を招へいした。

▽モイーズ新監督を迎えた今シーズン、サンダーランドはモイーズ監督の愛弟子であるMFアドナン・ ヤヌザイやFWヴィクター・アニチェベを獲得するも、開幕から10試合を消化して8敗2分けと低迷。結局、モイーズ監督は最後まで浮上のきっかけを見出せず、わずか5勝(23敗6分け)でチームの2部降格が決定した。

▽なお、同じタインアンドウィア州にチームを構えるニューカッスルは、今シーズンのチャンピオンシップでプレミアリーグ昇格をすでに決めており、来季リーグ戦でのタイン・ウェア・ダービーは実現しないことになった。