ゴールデンウィークはオクトーバーフェストで乾杯!

写真拡大

ドイツビールの祭典「オクトーバーフェスト」がゴールデンウィークのお台場からスタート!4月28日(金)から5月7日(日)まで開催されるお台場オクトーバーフェストに足を運んだ。

【写真を見る】スタッフが着ているヨーロッパの民族衣装はレンタルすることもできる

特設会場にはこだわりのドイツビールブースが多数出店。会場入り口のインフォメーションコーナーでは公式ガイド(300円)が販売されている。ドイツビールの主な種類とその味についてのグラフも掲載されており、ビール初心者でも味のイメージが一目瞭然。どれを選んだらいいか分からないという人はぜひ参考にしてほしい。

ビールは購入時に、料金とは別にグラスのデポジット代として1000円を支払う仕組み。グラスを返却した際にデポジット代も戻ってくる。紛失や破損には気をつけよう。

青空の下で飲むドイツビールは格別の味。定番のソーセージの盛り合わせをはじめ、アイスバイン、シュニッツェルなど、ビールと相性ぴったりのドイツ料理も充実している。本場の醸造所が選りすぐったビールのほか、日本の醸造士が作るドイツスタイルビールもラインアップ。個性あるビールの数々を飲み比べ、自分のお気に入りの味を探すのも楽しみのひとつだ。

会場には日除けのパラソルが置かれている場所もあり、日差しが気になる人でも大丈夫。会場中央の大テントには特設ステージが設けられ、ドイツ楽団などさまざまなアーティストがオクトーバーフェストを盛り上げてくれる。「乾杯の歌」は期間中何度も歌われる定番ソング。歌詞を覚えてみんなと立ち上がり乾杯するのもおすすめだ。

グッズ売り場では民族衣装のレンタルサービス(1時間 1000円、2時間 2500円、5時間 4000円)も行っており、女性は華やかなディアンドルを着て本場の気分を味わうこともできる。

家族や友達はもちろん、見知らぬ人とも打ち解けて盛り上がれるオクトーバーフェスト。ゴールデンウィークは合言葉の“プロースト!(乾杯)”とともに、思い切り盛り上がろう!