ウェリントン弾で福岡が東京Vを下す…イバがハットの横浜FCが首位浮上/J2第10節

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第10節が、29日に各地で行われた。

 ホームに首位の東京ヴェルディを迎えたアビスパ福岡。前半をスコアレスで折り返すと、試合終了間際の82分に駒野友一のクロスからウェリントンがヘディングでゴールを決める。この得点が決勝弾となり、福岡が東京Vを下した。

 横浜FCはロアッソ熊本に先制を許したものの、26分に野村直輝が同点弾を挙げる。するとイバが35分、40分、さらに後半に入り71分と立て続けに得点を挙げ、ハットトリックを達成。敵地で逆転勝利を収め、首位に浮上した。

 ザスパクサツ群馬対名古屋グランパスの一戦は、後半に入り酒井隆介、シモビッチ、永井龍、フェリペ・ガルシアと一気に4得点を奪い、名古屋が3試合ぶりに勝ち点3を獲得。一方の群馬は今季ワーストタイの4失点を喫し、3連敗となった。
 
 今節の試合結果は以下の通り。

■J2第10節
▼29日
ファジアーノ岡山 0−2 湘南ベルマーレ
レノファ山口FC 0−3 V・ファーレン長崎
愛媛FC 2−0 モンテディオ山形
水戸ホーリーホック 3−2 FC町田ゼルビア
アビスパ福岡 1−0 東京ヴェルディ
大分トリニータ 1−3 京都サンガF.C.
ジェフユナイテッド千葉 2−0 徳島ヴォルティス
ロアッソ熊本 1−4 横浜FC
松本山雅FC 4−0 カマタマーレ讃岐
FC岐阜 1−0 ツエーゲン金沢
ザスパクサツ群馬 1−4 名古屋グランパス

■J2順位表
1位 横浜FC(勝ち点20/得失点差+9)
2位 名古屋(勝ち点20/得失点差+8)
3位 湘南(勝ち点20/得失点差+5)
4位 東京V(勝ち点18/得失点差+7)
5位 福岡(勝ち点18/得失点差+2)
6位 松本(勝ち点17/得失点差+8)
7位 徳島(勝ち点17/得失点差+2)
8位 長崎(勝ち点16/得失点差+4)
9位 大分(勝ち点16/得失点差+1)
10位 岐阜(勝ち点15/得失点差+2)
11位 愛媛(勝ち点15/得失点差+2)
12位 千葉(勝ち点15/得失点差−2)
13位 水戸(勝ち点14/得失点差0)
14位 山形(勝ち点13/得失点差−2)
15位 町田(勝ち点12/得失点差0)
16位 岡山(勝ち点12/得失点差−3)
17位 京都(勝ち点11/得失点差−2)
18位 熊本(勝ち点11/得失点差−5)
19位 山口(勝ち点9/得失点差−6)
20位 金沢(勝ち点8/得失点差−7)
21位 讃岐(勝ち点7/得失点差−6)
22位 群馬(勝ち点1/得失点差−17)

■J2第11節対戦カード(3日)
▼3日
13:00 長崎 vs 岡山
14:00 山形 vs 水戸
14:00 讃岐 vs 千葉
14:00 大分 vs 松本
15:00 群馬 vs 岐阜
15:00 東京V vs 金沢
15:00 町田 vs 熊本
15:00 名古屋 vs 京都
16:00 湘南 vs 山口
16:00 徳島 vs 福岡
18:00 横浜FC vs 愛媛