ジェフユナイテッド千葉MF高橋壱晟

写真拡大

[4.29 J2第10節 千葉2-0徳島 フクアリ]

 高卒ルーキーのジェフユナイテッド千葉MF高橋壱晟が早くも自身2点目を記録。プロ初ゴールを奪った第7節群馬戦では、チームは1-1の引き分けに終わっており、喜びも半分だった。しかし、この日のゴールはチームの2-0の勝利へと結び付き、「前回は勝てなかったので、今日は勝てて本当にうれしい」と素直に喜びを表した。

 前半14分に徳島に退場者が出て、数的優位な状況に立った千葉。そして同23分に高橋が先制点を叩き込む。右サイドでボールを受けたFW清武功暉が中央にドリブルを開始すると、相手選手数人の注意が清武に向けられる。「自分のマークを引き連れてくれた」とフリーでPA内へと進入。「功暉さんが優しいパスを出してくれた。両サイドをしっかり確認できたので冷静だった」とパスを呼び込むと、落ち着いてゴール右へと蹴り込んで先制点をもたらした。

 開幕スタメンを飾るだけでなく、その後も先発の座を守り続ける現状に「順調にやれているんじゃないかなと思う」と手応えを感じているようだ。だが、「チャンスがある中で、もっともっと決めていかないといけないと思うので頑張りたい」と満足することなく、さらなる得点量産を狙う。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J2]第10節 スコア速報