移籍後初ゴールを奪ったジェフユナイテッド千葉FW指宿洋史

写真拡大

[4.29 J2第10節 千葉2-0徳島 フクアリ]

 得意じゃない形から移籍後初得点となるダメ押しゴールを叩き込んだ。

 開幕後の3月に新潟からジェフユナイテッド千葉への完全移籍が発表されたFW指宿洋史。徳島戦では1-0と1点をリードして迎えた後半30分にピッチへと送り込まれた。「(フアン・エスナイデル)監督からは前でしっかり収めてくれということと、プレッシャーを掛けてくれと言われたので意識した」。体を張って基準点となろうとするだけでなく、守備にも奔走して指揮官の要求に応えようとした。

 そして後半アディショナルタイム、待望の瞬間が訪れる。味方のクリアボールを自陣で拾うと、「前が空いていた」とドリブルを開始。後方から体を寄せてきた相手選手を振り切ると、前方のコースを塞ごうとする相手の裏へとボールを蹴り出して一気に置き去りに。さらにカバーに入った選手を「狙っていた」というダブルタッチで鮮やかにかわしてPA内に運ぶと、「落ち着いて決める自信があった」と左足シュートで流し込んだ。

 圧巻のドリブル突破となったが、「運んでいるときは無心。元々僕はドリブルが得意ではないし、スピードがある選手ではないので追い付かれると思った」と苦笑。しかし、「ああいうゴールはそうないけど、意外と行けたのでラッキーだったし、うれしかった」と移籍後初ゴールに喜びを表した。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J2]第10節 スコア速報