告白を保留にする男性心理は? 保留期間中にやるべきこと

写真拡大

勇気を出して告白したのに、返事を保留にされてしまったら不安になりますよね。男性が女性からの告白を保留にするのは、なぜなのでしょうか。男性のみなさんに本音を聞いてみました。また保留期間の過ごし方や、返事を急かしてもよいのかどうかについても、詳しく解説します。

■告白の返事を保留にする男性心理


女性から告白をされたとき、すぐ返事をせずに保留にするのはなぜなのでしょうか。女性はどれくらい告白の返事を待てばいいのか、告白を保留にされても脈ありの可能性はあるのかどうかについて、男性の本音を調査しました(※1)

◇告白の返事を保留にする理由

☆迷いがあるから

・「うれしいけど迷いがあるからです。本当にこの人でいいかなど」(26歳/その他/販売職・サービス系)

・「一緒にいて幸せになれるのか、幸せにできるのか不安なとき」(33歳/医薬品・化粧品/技術職)

心の準備ができていない段階で告白を受けた場合には、即答できないことは誰にでもありますよね。これは男性側の前向きな態度だと言えるでしょう。その女性のことを真剣に考えてくれているからこそですね。

☆ほかに気になる女性がいるから

・「ほかに気になる女性がいる場合に……」(38歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ほかに好きな人がいてどちらと付き合っていいか迷うとき」(37歳/機械・精密機器/技術職)

ほかに好きな女性がいても、自分を好きだと言ってくれる女性が現れた場合は、きっと心は揺れるでしょう。そのために考える時間がほしいという意見です。結果的に答えがNOだったとしても、一度はちゃんと考えてくれていると捉えれば、うれしいことですよね。

☆熟考するため

・「心の準備や本当にこの女性とお付き合いしてもいいのか時間をかけて考える」(35歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「うまくやっていけるか、いまひとつ自信がない時。何となく性格が合わなそうな気がする時。ちょっと時間をかけて考えたい」(32歳/食品・飲料/専門職)

前向き、後ろ向き、どちらにも傾く可能性がありそうですが、取りあえず、ゆっくり考えたいという気持ちの表れだと捉えるなら、ここはじっくり待ってあげることが大事です。

☆断り方を考える

・「好意があまりないが傷つけたくもない」(34歳/機械・精密機器/技術職)

・「保留ではなく、ちょっとした間ができる場合だが、なんと言ったらなるべく傷つかないような返事になるかなと考えるから」(37歳/情報・IT/技術職)

「答え」はすでに出ているのですが、その場で即答してしまうと相手を傷つける可能性があると思っている場合です。これは女性からすると完全な後ろ向きの場合です。男性の気持ちはわかりますが、むしろなんと言われても答えがNOであることが変わらないなら、ハッキリ断ってもらった方がいいように思えますよね。

◇告白の返事を保留にする期間

Q.告白の返事をどれくらい待っていてほしいですか?

1位 2日〜3日……29.0%
2位 1週間程度……26.5%
3位 1日……25.6%
4位 4日〜5日……6.7%
5位 2カ月以上……5.3%

※6位以下省略

「2日〜3日」が最も多く、そのあとに「1週間程度」と「1日」が僅差で並びました。多くの男性が1週間以内には返事をしたいと思っているようです。上位3つの意見をピックアップして、理由を見てみましょう。

☆2日〜3日

・「2日〜3日あれば、じっくり考えて決めることができるから」(35歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「相手にもよるが、1日では、告白されたことに舞い上がっていて考えがまとまっていないから」(33歳/情報・IT/技術職)

2日〜3日なら長くも短くもない、ある程度じっくり考えて導き出した答えだと思えます。これならたとえ答えがNOだったとしても女性も納得できそうです。

☆1週間程度

・「ゆっくり考える時間として最適だと思う」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「気持ちの整理にそれくらいかかるから」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

1週間も経つと、待たされる女性にとってはかなり長く感じられそうです。もしかしたら、自分からあきらめの境地になる人もいるかもしれません。女性側が待つ期間としてもこの辺りが限界と言えるのではないでしょうか。

☆1日

・「早く答えてあげるのが礼儀だと思うから」(39歳/不動産/営業職)

・「女性からの告白の返事を待たせたくない」(25歳/機械・精密機器/技術職)

1日くらい待つことは女性も当たり前だと思えるでしょう。男性の「あまり待たせたくない」という優しさも感じられます。しかし、答えがNOだった場合は、「もう少し考えて」と思ってしまう女性がいる可能性もありますよね。

◇告白を保留にしても脈ありの場合


☆付き合っている人がいない場合

・「相手に好意があって、自分に付き合ってる人がいない場合」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「自分に好きな女性が今現在いなくて普段から一人でさみしい思いをしている状況」(38歳/食品・飲料/技術職)

告白した時にお付き合いしている女性や好きな女性がいない場合は、一度保留にされても脈ありの可能性があるようです。

☆女性に魅力がある場合

・「彼女がとても可愛い場合、または性格がいい場合」(28歳/商社・卸/営業職)

・「相手の見た目や性格がいいと思える時」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

今現在、好意を持っていなくても、告白されることで意識するということはよくあります。そこで好みの女性ならOKされる可能性も高まるでしょう。

☆好きになれそうな相手の場合

・「好きになれるかもしれないから保留するのでは」(37歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「自分のタイプではないのだが、嫌いな感じではない時」(39歳/自動車関連/その他)

これも今は好きではなくても、将来的には好きになることがあり得る場合です。根気よくお付き合いを続けていく価値を男性側が見いだしてくれれば、将来的に明るい結果が出ることもあります。

☆催促せずに待ってくれる場合

・「もし保留にした場合を仮定するならば、しつこく催促しないで、いつも通りの対応をしてくれた時」(39歳/情報・IT/技術職)

・「返事の催促を無理やりしてこないで、待ち続けられたら」(29歳/その他/その他)

「少し考えさせて」などと言われた場合には、素直に待ってあげることが大事です。この「保留期間」の態度でも男性側の答えが変わることもあるということを、しっかり覚えておきましょう。

◇告白を保留にして結局脈なしの場合


☆断り方を考えたい場合

・「全く興味がないのにどう断ったらいいかわからないとき」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「元々そんなに好みではないが、告白されたうれしさで返事を保留にしてしまった場合」(32歳/商社・卸/営業職)

これを優しさと捉えるのかどうかは女性側の受け取り方によって変わってきますが、本当に最初からNOという答えが決まっていたなら、即答されるほうが優しさのような気もします。

☆合わないと判断した場合

・「相手の性格や人間性と、自分の性格が合うか考えた場合に、最終的に一緒にならない方がよいと判断したとき」(36歳。小売店/営業職)

・「タイプではない、イメージができなかった」(30歳/自動車関連/営業職)

男女のお付き合いには必ず、好みや相性があることなので、熟考して出した結果ならそれは仕方ないことです。ただ、ちゃんと考えたことを女性には伝えてあげてほしいですね。

☆ほかに好きな人がいる場合

・「ほかに好きな女性がいる場合や、ほかの女性からも告白されている場合」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ほかに好きな人がいたり、いまいち乗り切れない時」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

これはある程度答えが予測できることなので、なるべくならあまり時間を置かずに答えてほしいと思うでしょう。しっかり断るというのも誠意の一つです。

☆連絡がなくなった場合

・「保留にしたあと、反応も連絡もなくなった時」(39歳/情報・IT/技術職)

・「そこからまったく返事がなくなるとなしだと思う」(21歳/小売店/事務系専門職)

これはあまりに失礼な態度のように思えます。好きになった相手に告白するのはかなりの勇気がいることなので、その気持ちとは最低限、しっかり向き合ってほしいですよね。

■保留期間中の過ごし方


男性に告白の返事を保留にされている間、女性はどうやって過ごせばいいのでしょうか。告白の返事を急かしたり、保留期間中にデートに誘ってもいいのかどうか、男性のみなさんにアンケート調査してみました。また、保留期間中のNG行動についても、女性のみなさんに聞いてみました。

◇告白の返事を急かしてもいい?

Q.保留期間中、告白の返事を急かしても大丈夫ですか?(※1)

・急かしてもよい……28.1%
・急かさないほうがよい……71.9%

3割近い男性は「急かしてもよい」と答えていますが、やはり多くの男性は急かしてほしくないと思っているようです。それぞれの理由を聞いてみましょう。

☆急かしてもよい

・「返事が欲しいと思うのは真剣なことの裏返しだと思うから」(38歳/情報・IT/技術職)

・「待っている間、女性は不安を抱えているはずだから」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

告白の返事を急かすことを「真剣な気持ち」と好意的に捉えてくれる男性もいるようです。女性の気持ちを思いやる余裕があるのなら、なるべく早く答えてあげてほしいと思います。

☆急かさないほうがよい

・「急がせると、あまりいい結果にならない気がする」(39歳/小売店/経営・コンサルタント系)

・「急かすことで相手の気持ちが変わってしまう」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

やはり急かされることで、相手の女性のことを真剣に考えるのが嫌になってしまうという男性もいます。ここはちょっとつらいですが、じっくり我慢して待ってあげることが大事ですね。

◇保留期間中にデートに誘ってもいい?

Q.保留期間中にデートするのはありですか?(※1)

・あり……55.4%
・なし……44.6%

保留期間中のデートは、意外ですが半分以上の男性が「あり」だと答えました。その理由を聞いてみましょう。

☆あり

・「お互いの理解が深まると思うからです」(23歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「デートをすることによって本当に好きかどうか確かめることができる」(22歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「新たな発見があると思うし嫌いでなければ会っても問題ない」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

これまでほとんど交流がなかった女性だとしたら、少し話をしたり、一緒に出かけたりすることでお互いを知る機会になると捉えている男性が多くいました。デートをすることで第一印象とは違った一面を見ることができますし、女性側もその男性の違う一面を知ることもできます。その結果、やはりお付き合いはむずかしいと判断されれば、それはそれで仕方ないと納得できるかもしれません。

☆なし

・「冷静に考えるために保留にしてるのにその期間にデートしたら冷静に考えられない」(27歳/機械・精密機器/技術職)

・「考える期間であり、それは違うと思う」(29歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「保留している返事が最優先事項なので、それからデートするべきと思うから」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

一方で、「なし」と答えた男性の多くは、保留期間を「自分の中で考える時間」と捉えているようです。ある程度、知っている女性だった場合には、冷静に考える時間も大事でしょう。答えを保留にしたままでは、デートをしても楽しめないという人や、実際にデートしてしまったら断りづらくなってしまうと感じている男性もいました。

◇保留期間中のNG行動


それでは、保留期間中にやってはいけないことはあるのでしょうか。女性のみなさんに聞いてみました。(※2)

☆返事の催促

・「返事の催促をするのはよくないと思う。相手も真剣に考えたくて保留にしたんだろうからおとなしく待つべき」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「催促するのは絶対にNG、連絡を全く取らないのも逆にだめ」(22歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

やはり一番多い回答がこれでした。あまりに長い期間待たされてしまう場合を除いては、1週間程度は急かすことなく待ってあげる気持ちを持ちましょう。

☆しつこく連絡する

・「しつこく何度もメールしたりすることです」(31歳/金融・証券/営業職)

・「LINEやメールなどの連絡が多すぎる」(33歳/食品・飲料/その他)

これも同様です。告白の答えの催促ではなくても、1日に何度もメールやLINEを送っていては、男性にプレッシャーを与えるだけです。そのうち男性から嫌われてしまう可能性もあるので、要注意です。

☆ほかの男性とのデート

・「男性と遊びに行かない。友達に保留中なことなどをベラベラ話さない」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ほかの男の人と遊んだり出かけたりすること。どこから本人に伝わるかわからないし、もし知られた場合、自分に本気じゃないんだと思われるから」(27歳/建設・土木/その他)

自分から告白をしておいて、ほかの男性とデートするのはNGでしょう。自分は友だちと思っていても、告白された男性には誤解されてしまうかも。また、デート相手が告白した相手とどこかでつながっているということもあり得ます。

☆ほかの男性に相談する

・「ほかの男性に今の状況を相談しない」(32歳/その他/その他)

・「ほかの男友達に相談するなど、現状を事細かに他人に知らせること」(28歳/学校・教育関連/その他)

女性にありがちですが、自分の身に起こったことを誰彼かまわずしゃべってしまうのも控えましょう。誰が誰とつながっているのかはわかりませんし、巡り巡って、告白相手の耳に届いてしまう可能性もあります。そうなったら、まずYESの答えをもらうのは難しいでしょう。

■まとめ

女性から好きな男性に告白することは、とても勇気がいるでしょう。そんな時に男性から答えを「保留」にされると、一気に不安になりますよね。ただ、その場ですぐに断られるより、自分のことを真剣に考えてくれているとも受け取れます。男性の答えがYESであっても、NOであっても、女性はじっくり男性の答えを待ってあげる余裕を持つことが大事です。また、男性の中には保留期間中のデートがOKという人もいるので、自分をもっとアピールしたいと思う女性は、誘ってみてみもいいかもしれませんよ。

(フォルサ/さとう ともこ)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年4月7日〜11日
調査人数:408人(22歳〜39歳男性)

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年4月7日〜11日
調査人数:407人(22歳〜34歳女性)