BIGBANGのG-DRAGON&WINNER&BLACKPINK、米タイムズスクエア電光掲示板に登場!

写真拡大

BIGBANGのG-DRAGON&WINNER&BLACKPINKがアメリカのニューヨークタイムズスクエアの中心でキャッチされた。

最近、ニューヨークのタイムズスクエアの中心地域では、G-DRAGONのワールドツアーのPR映像が大型電光掲示板に登場し、現地ファンの注目を集めている。

それだけでなく、G-DRAGONの後輩グループWINNERとBLACKPINKのミュージックビデオのハイライトも流れており、各種SNSでホットトピックとして浮上している。

タイムズクエアは、ブロードウェイの劇場街が明るく輝く中心地であり、世界のエンターテインメント産業の中心地だ。特に米国を訪問する世界中の観光客の密集する地域であるだけに、イギリス、フランス、オーストラリア、ブラジル、中国、日本、シンガポールなど様々な国のファンは「さすがGD」「すごい! ニューヨークでBLACKPINKを見ることになるとは」「電光掲示板を見て、一瞬足を止めた。WINNER誇らしい」などの熱い反応を見せている。

G-DRAGONは6月10日、上岩(サンアム) ワールドカップ競技場で開催される「G-DRAGON 2017 CONCERT: ACT III,M.O.T.T.E」のソウルコンサートを皮切りに、以降、北米8都市、アジア3都市、オセアニア4都市、日本3都市(福岡、大阪、東京) など、計19都市で全23回のコンサートを開催する予定だ。