米アーカンソー州で27日に刑が執行されたケネス・ウィリアムズ死刑囚(2017年3月17日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米アーカンソー(Arkansas)州で性急な死刑執行計画をめぐる激しい法廷闘争の末、最後の1人となるケネス・ウィリアムズ(Kenneth Williams)死刑囚(38)に対する刑が27日夜に執行されたことを受け、同死刑囚の弁護士は28日、ガタガタとけいれんし続けていたとする様子を伝え、最期は「ぞっとする」ものだったと述べた。

 ウィリアムズ死刑囚は、1週間余りで相次いで死刑が執行された4人の最後の1人だった。同州で死刑が執行されたのは2005年以来初めて。

 弁護士のショーン・ノーラン(Shawn Nolan)氏は声明で、「報道によれば、私たちの依頼人は死刑執行から3分以内にせき込んでけいれんし始め、ガタガタいう音はマイクの電源を切っても聞こえるほどだった」「立ち会った人々の証言からは、刑が執行される間、ウィリアムズ氏が苦しんだことが分かる」と主張している。

 エーサ・ハチンソン(Asa Hutchinson)州知事の広報担当者は、死刑囚の体が動いたのは使用された薬剤に対する「筋肉の不随意運動」だとコメントしているが、ノーラン氏はこれを「言い逃れ」だと一蹴。同氏と米国自由人権協会(ACLU)の同州支部は、過度の苦痛をもたらす死刑執行ではなかったか、調査を求めている。

 今回の集中的な死刑執行は、薬物注射に使用される薬物の一つ、催眠鎮静剤のミダゾラムの使用期限、4月30日に間に合わせるよう計画されたもので、同州は11日間に8人の死刑囚に対する刑の執行計画を明らかにしていた。

 国連(UN)や欧州連合(EU)も抗議の声を上げ、計画に含まれていた死刑囚4人は執行差し止めを勝ち取っていたが、同州は8日間で最後の4人目となるウィリアムズ死刑囚に対する刑を執行した。
【翻訳編集】AFPBB News