27日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは記事「THAAD配備の代金としてトランプ大統領が10億ドルを要求、韓国政府は拒否」を掲載した。中韓関係の悪化で注目されている韓国のTHAAD配備問題だが、もう一つの課題が費用負担だ。

写真拡大

2017年4月27日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは記事「THAAD配備の代金としてトランプ大統領が10億ドルを要求、韓国政府は拒否」を掲載した。

中韓関係の悪化で注目されている韓国の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題だが、もう一つの課題が費用負担だ。昨年のTHAAD配備合意時に当時の朴槿恵(パク・クネ)大統領は韓国が用地と関連施設を用意し米国が費用を負担すると説明。費用負担がないとして、議会の承認なしに配備を決めた。

ところが27日、トランプ大統領はロイター通信の取材に答え、韓国はTHAAD配備の費用を負担するべきだとコメントした。金額は10億ドル(約1120億円)に達するとみられる。28日、韓国国防部は「韓国が土地と関連施設を提供し、米国が配備、運用、維持の費用を負担するとの米韓合意に変更はない」との声明を発表している。(翻訳・編集/増田聡太郎)