写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の木村拓哉(44)、歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)らが29日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われた映画『無限の住人』の初日舞台あいさつに出席した。木村は、海老蔵が本作のPRに初参加であることを説明。最も発言の機会を与えられた海老蔵が会場を盛り上げた。

海老蔵は当初の予定では不参加だったようで、「本当は僕、ここにいるはずではなかったんですけども、先輩(木村)に新幹線で会っちゃったんで。ここに来ることになりました」とコメント。「本日みなさまにごあいさつできますことを木村拓哉さんという大スターが引き寄せた力だと思います」と木村を持ち上げる。

これで観客の心をつかんだとみた海老蔵は、棒読みの「新幹線で会えて本当に良かったなー」で笑いを誘い、「あの時『海老蔵!』と呼んでいただいてありがとうございました!」とわざとらしく感謝する。

さらに、「本当にちょっとびっくりするんですよ」と続け、「『おい! 海老蔵!』と呼ばれ『また変な人に絡まれちゃったのかな……』」と警戒した当時を回顧。「振り向くと木村拓哉がいた。とっても不思議な光景で、とっても幸せでした」と気持ちを伝えた。

木村は、"舌"好調の海老蔵にタジタジの様子だったが、「いろいろキャンペーンやらせていただいたんですけど、海老蔵が参加してくれるのは今回が初です」と明かして、会場からは「おお」というどよめきと共に拍手。「きっとお客さんも楽しんでいただけると思うんですけど、マスコミの方たちは『いつ出る?』という感じでたぶんドキドキだったと思います。本当にすみません」と謝って和ませていた。

この日最も長く話したのは海老蔵。司会者から立て続けに質問が飛び、思わず「ってか、なんで俺こんなにしゃべんないといけないの! 聞いてないよ本当に!」と言ってしまうほどで、そんな海老蔵に木村は「お前、さっき裏で話していた通りに話すなよ!」とツッコミを入れていた。

舞台あいさつには木村、海老蔵のほか、杉咲花(19)、福士蒼汰(23)、市原隼人(30)、戸田恵梨香(28)、満島真之介(27)、三池崇史監督(56)が出席した。

本作は漫画家・沙村広明氏の同名漫画を原作に、三池崇史監督がメガホンを取った作品。興行収入41億円を記録した『武士の一分』(06年)以来の時代劇主演に挑む木村が、百人斬りの異名を持つ不死身の侍・万次を演じる。