カルティエとスケボーが意外とはまってる #cartier

写真拡大

「ハイブランド」と「ストリートカルチャー」。

そのふたつの親和性は、いまぐんぐん高まってきています。

それをさらに確信させてくれたのは、最近「Cartier(カルティエ)」や「Valentino(ヴァレンティノ)」のInstagramに投稿された画像たち。

スケボーとコラボ。ハイブランドが見せる新しい表情

「カルティエ」の釘をモチーフにしたブレスレット「Juste Un Clou(ジュスト アン クル)」。

そして、「ヴァレンティノ」のカラフルなスニーカー「Fly Crew(フライ クルー)」。

強いインパクトを放つそれぞれのアイテムが、ストリートカルチャーの代表ともいえるスケートボードとコラボレーションしています。

ストリート色の強いスケートボードは、歴史あるハイブランドと相反するイメージ。そんな真逆のふたつの組み合わせから感じるのは、革新を恐れないファッション界のアグレッシブな意気込み。

相反するカルチャーがうまく調和したとき、ファッションの幅がさらに広がるはずです。

「カルティエ」は、「ジュスト アン クル」のキャンペーン動画でもスケートボードをフューチャー。テクノロジーが加速させている現代の進化を、軽やかに表現しています。

ストリートカルチャーとハイブランドという、ちぐはぐそうに見えて驚くほど息のあった組み合わせ。

ハイブランドがストリートに溶け込んで、日常を、そしてファッションを、さらに高揚感あるものにしてくれます。

こちらも読まれています

ハイブランドとストリートってこんなに相性がいい #Valentino

・結局、白シャツに原点回帰する

・働く女子のパワーアイテム。「第2の勝負下着」を身につける #sponsored