故障者/磐田=カミンスキー、ムサエフ、藤川 札幌=稲本、増川、深井、ジュリーニョ、ヘイス 出場停止/なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ 第9節
ジュビロ磐田-コンサドーレ札幌
4月30日(日)/15:00/ヤマハスタジアム
 
ジュビロ磐田
今季成績(8節終了時):6位 勝点13 4勝1分3敗 11得点・7失点
 
【最新チーム事情】
●水曜日のルヴァンカップFC東京戦で小川航がプロ初ゴール、さらにハットトリックを達成。
●ムサエフが肉離れで戦線離脱。復帰まで2、3週間かかる見込み。
●金曜日の紅白戦の2本目ではトップに小川航、中盤で松井や松本らが試される。中村俊輔は腰を痛めたか…。

【担当記者の視点】
 前節のアウェー鹿島戦では、ムサエフに代わり山本、負傷退場したカミンスキーから交代した八田が充実のプレーで勝利に貢献。チーム力が底上げされていることを感じさせた。

 現在、失点数はJ1最少タイ。3連勝が掛かる今節、充実の守備を維持しつつ、札幌の堅守をいかにこじ開けるかが勝利の鍵となる。名波監督は「トライをしてのエラーはすべて許すと選手に言っている。チームのためになるのであれば何をやってもいいくらいの気持ちでやればいい」とチャレンジを促すと同時に「鹿島に勝ったから次余裕でしょう、などとは毛頭思うな。楽な相手などない」と引き締めていた。
 
J1リーグ 第9節
ジュビロ磐田-コンサドーレ札幌
4月30日(日)/15:00/ヤマハスタジアム
 
コンサドーレ札幌
今季成績(8節終了時):15位 勝点8 2勝2分4敗 8得点・13失点
 
【最新チーム事情】
●菊地が負傷から復帰。水曜日の大宮戦で充実のプレーを披露。
●金園が古巣戦で復帰を果たすか?
●ここまでアウェー全敗中。悪い流れを断ち切りたい。
 
【担当記者の視点】
 水曜日のルヴァンカップでは大宮と1-1で引き分けた。終盤に追いつかれる悔しい展開だったが、負傷から復帰した菊地が充実のプレーを見せており、この磐田戦からリーグ戦に復帰する可能性もある。
 
 そうなればキム・ミンテを本職であるボランチに移せるため、中盤でのハードワークは、さらに質が高まるはず。また、小野も充実のパフォーマンスを見せる。さらに金園も負傷から復帰し、この古巣との一戦からメンバー入りするかもしれない。今季リーグ戦ではここまでアウェーでは全敗中とあって、ここで流れを変えたいところだ。