今季は右ウイングバックとして主にプレーしていた鈴木。写真:川本 学

写真拡大

 2017年4月29日、今季の山形でナンバー10を背負う鈴木雄斗が4月23日の岡山戦で負傷し、チームドクターによる検査を受けた結果、次のように診断された。

 クラブの発表によると、診断名は「右足関節捻挫 全治6週間」。 

 今季は木山監督の下で右ウイングバックとして瀬沼などと好連係を見せており、攻撃の軸として期待されていただけに、このタイミングでの離脱は悔しいだろう。

 ちなみに、4月29日の愛媛戦は0-2の黒星。リーグ3連勝とはならなかった。