千葉、盒供指宿弾で勝ち点3獲得…14分に馬渡退場の徳島は完封負け

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第10節が29日に行われ、ジェフユナイテッド千葉と徳島ヴォルティスが対戦した。

 開始14分、徳島は馬渡和彰がボールボーイに対する非紳士的行為で退場となり、数的不利となる。すると23分、清武功暉のスルーパスに抜け出した高橋壱晟が得点を挙げ、千葉の1点リードで前半を折り返す。

 追加点を狙う千葉だったが、65分にアクシデント。清武が負傷によりプレー続行不可能となり、羽生直剛が送り出される。しかし、後半アディショナルタイムには途中出場の指宿洋史が移籍後初得点となるダメ押し弾を決め、2−0で試合終了。

 千葉は2試合ぶりに勝ち点3を獲得。対する徳島は第6節の松本山雅FC戦以来、5試合ぶりの黒星となった。

 次節、千葉はアウェイでカマタマーレ讃岐と、徳島はホームでアビスパ福岡と対戦する。

【スコア】
ジェフユナイテッド千葉 2−0 徳島ヴォルティス

【得点者】
1−0 23分 盒彊轌陝弊虱奸
2−0 90+4分 指宿洋史(千葉)