今年も中村獅童と初音ミクが共演!

写真拡大

4月29日(土)、30日(日)に幕張メッセでは、動画サービス「niconico」の超巨大イベント「ニコニコ超会議2017」を開催。同イベントでは、今年も中村獅童初音ミクの共演で「超歌舞伎」を上演している。

【写真を見る】花魁に扮したミクの恋物語が描かれた

昨年の「ニコニコ超会議2016」で初上演し、歌舞伎役者とボーカロイドキャラクターの共演という全く新しい歌舞伎の形を実現した「超歌舞伎 Supported by NTT」。昨年は、映画・小説などさまざまなメディアで人気を集めるボーカロイド楽曲「千本桜」と、歌舞伎の代表的な演目のひとつである「義経千本桜」がコラボレーションし、超会議のために創作された新作歌舞伎「今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)」を上演した。

そして今回は、花街を舞台に、獅童と花魁に扮したミクの恋物語「花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)」を完全新作超歌舞伎として上演。昨年青龍役で出演した澤村國矢に加え、今回もミクの所作指導を行った中村蝶紫が出演、また、バーチャルキャラクターである「重音テト」(かさねてと)も登場した。

劇中歌は、同キャラクターが歌う楽曲「吉原ラメント」。「吉原ラメント」は、昨年の楽曲「千本桜」と同様、ニコニコ動画や小説などで人気を集める楽曲で、前述の「重音テト」の代表曲として支持されている。

舞台では、ライブパフォーマンスのように「いけるか〜!?」と観客たちを煽っていた獅童。観客たちも「うぇ〜い!!」と、獅童の呼びかけに何度も応えるなど、会場は一体となった。

また、観客たちは「ミクの会話がナチュラル過ぎ」「最新の技術がエグい」と、超歌舞伎のスゴさに驚いている様子。ニコニコ動画視聴者も「かっこええええ〜」「やっぱ明日行こう」と満足感いっぱいのコメントを残していた。【ウォーカープラス編集部/Raira】