織田記念決勝、今季国内自己最速タイで優勝も「まだ伸びしろある」

 陸上の織田記念(エディオンスタジアム広島)は29日、男子100メートル決勝で桐生祥秀(東洋大)が10秒04(向かい風0.3メートル)で優勝した。今季の国内自己ベストをマークしたが9秒台はならず、「正直、後半狙っていったので悔しい」と語った。

 ゴールした瞬間、タイムが計時されると大観衆からため息が漏れた。桐生は「みなさんが思うような9秒台を出したかった」と悔しがった。

 3月の今季初戦(豪州・キャンベラ)は10秒04、国内初戦となった同23日の出雲陸上では向かい風0.5メートルながら10秒08をマークした。3戦すべて10秒0台をマークしたが「何回、0台を出しても一緒」とバッサリ。「でも、まだ修正点もあるので、伸びしろもある。また応援してください」と語った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count