織田記念男子100メートル決勝に出場した桐生

写真拡大

日本人初の快挙はお預けも…「着実に力はつけている」

 陸上の織田記念(エディオンスタジアム広島)は29日、男子100メートル決勝で桐生祥秀(東洋大)が今季自己最速タイとなる10秒04(向かい風0.3メートル)で優勝を飾ったが、高速トラックで期待された9秒台はならず、日本人初の快挙はお預けとなった。

 3月の今季初戦(豪州・キャンベラ)は10秒04、国内初戦となった23日の出雲陸上では向かい風0.5メートルながら10秒08をマーク。今大会は予選10秒16の全体1位で決勝に駒を進めていた。

 高3で日本歴代2位の10秒01をマークした織田記念。前日会見では「この大会があったから陸上人生が変わった。同じ4月29日に出してから4年、ずっと出せていないので、ここで自己ベストを出したい」と9秒台に意欲を見せていた。

 迎えた決勝ではその目標に届かず、「9秒台出したかった。3回0台が出ている。着実に力はつけている。また応援お願いします」と桐生。伊東浩司が98年に10秒00を出してから19年間破ることのできなかった夢の9秒台へ、桐生の挑戦は続く。