闘莉王がヘディング弾で3戦連続ゴール、京都がアウェイで大分下す

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第10節が29日に行われ、大分トリニータと京都サンガF.C.が対戦した。

 京都は15分、田中マルクス闘莉王がシュートを放ち、こぼれ球に小屋松知哉が詰めて先制。一方の大分は28分、右CKに小手川宏基が合わせるが、ボールは相手DFに当たってしまう。京都がリードした状態で前半を終える。

 後半に入り54分、京都は岩崎悠人が左サイドからクロスを上げると、闘莉王が頭で合わせてゴール。闘莉王の3試合連続得点でリードを広げる。続く70分、京都は後方からのパスに岩崎がダイレクトで合わせ、プロ初ゴールを決める。対する大分は77分、右CKから最後は小手川が押し込み、1点を返す。

 試合はこのまま終了。京都が大分を3−1で下し、勝ち点3を獲得した。次節、大分は3日に松本山雅FCと、京都は名古屋グランパスと対戦する。

【スコア】
大分トリニータ 1−3 京都サンガF.C.

【得点者】
15分 0−1 小屋松知哉(京都)
54分 0−2 田中マルクス闘莉王(京都)
70分 0−3 岩崎悠人(京都)
77分 1−3 小手川宏基(大分)