ジェシカ&f(x) クリスタル姉妹の名前を使用?議論が浮上したドラマ「超人家族2017」制作陣が謝罪

写真拡大

“故人表記議論”を巻き起こした「超人家族2017」の制作陣が謝罪した。

SBS「超人家族2017」の制作陣は28日、OSENに「まず誤解を招いてしまったことを残念に思う」と明かした。

そして「小道具の担当者が納骨堂のシーンで知り合いの姉妹の名前を使った。偶然の一致だった」とし「制作陣が細かい部分まで気を配った作業ができなかったことについて謝罪申し上げ、これからこのようなことが起きないよう、より一層注意する」と正式に謝罪した。

これに先立って24日に韓国で放送されたドラマ「超人家族2017」に登場した納骨堂のシーンで、故人の名前に「チョン・スヨン」、訪問客の名前に「チョン・スジョン」と記載された画面が登場し、議論が起きた。

チョン・スヨンはジェシカ、チョン・スジョンはf(x) クリスタルの本名であるためだ。そのためネットでは制作陣がジェシカ&クリスタル姉妹の名前を意図的に使ったのではないかと議論が起きていた。

これに対し制作陣は「それは絶対に違う」と疑惑を否定したものの、確認した結果、小道具の担当者が知人の姉妹の名前を使い、制作陣がこれを細かく把握できなかったと正式に認め、謝罪した。

ジェシカ&f(x) クリスタル姉妹の名前を使用?ドラマ「超人家族2017」のワンシーンに疑問の声