[4.29 J2第10節 山口0-3長崎 維新公園]

 J2は29日、第10節を行い、V・ファーレン長崎は敵地でレノファ山口FCと対戦し、3-0で勝利した。連敗を3でストップした長崎は4試合ぶりに白星を飾り、今季5勝目を挙げた。一方、山口は今季初の連勝を逃し、今季5敗目を喫した。

 4試合ぶりの先発となったFWファンマが1トップで起点となり、長崎が積極的な入りを見せた。徐々にボールポゼッションを高めていくと、前半21分、MF澤田崇のパスに抜け出したファンマが切り返し、PA手前から強引に右足ミドル。シュートは枠をとらえられず、先制点とはならなかった。

 山口は相手の裏を狙ったロングパスからカウンターを狙う。前半アディショナルタイム3分、浮き球パスに抜け出したPA内右のFW和田昌士が縦に仕掛けると、深い位置からマイナスに折り返し、ニアサイドのFW米澤令衣がヘディングシュート。これは惜しくもクロスバーを越え、スコアレスで前半を折り返した。

 後半立ち上がり早々に山口が決定機を迎える。同1分、後方からのロングフィードに抜け出した澤田がGKとの1対1から右足シュート。絶好のチャンスだったが、GK山田元気が左手一本で弾き出した。それでも同2分、右CKからMF島田譲が浮き球のクロスを入れると、ファーサイドのファンマがヘディングシュートを突き刺し、先制のゴールネットを揺らした。

 3試合連続で無得点だった長崎は4試合ぶりに生まれたゴールとなった。さらに5分後の後半7分、左CKから再びファンマが強烈なヘディングシュートを叩きつけ、追加点。188cmのスペイン人ストライカーが連続ゴールを決め、2-0にリードを広げた。

 2点ビハインドとなった山口は後半9分にDFパク・チャニョン、同14分にFW加藤大樹を投入し、反撃に出る。徐々に攻勢を強め、後半17分、MF高柳一誠がPA手前から強烈な左足ミドル。同28分にはMF小塚和季がゴール前に絶妙な浮き球クロスを送り、PA内右の高柳が左足シュートを放ったが、惜しくもゴール左に外れ、決定機を生かせなかった。

 すると後半37分、DF香川勇気がハンドの判定となり、長崎がPKを獲得する。キッカーを務めたファンマが右足で冷静にGKの逆を突いてゴール左隅に蹴り込み、試合を決める3得点目。ファンマは加入後初のハットトリックを達成し、今季6ゴール目を記録した。セットプレーから3得点を奪った長崎は最後まで集中を切らさずに山口の攻撃を跳ね返し、3-0で完封勝利。4試合ぶり、今季4度目のクリーンシートを達成した。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J2]第10節 スコア速報 スコア速報