韓国軍合同参謀本部は29日、北朝鮮が同日午前5時30分頃に平安南道(ピョンアンナムド)の北倉(プクチャン)付近から発射した弾道ミサイルについて、最大高度は71キロで数分の飛行後に空中爆発したと明らかにした。

AP通信によれば、米軍関係者はこのミサイルについて、スカッドを改良した新型対艦弾道ミサイルKN-17と推定している。

米軍は、北朝鮮が16日に発射に失敗したミサイルについてもKN-17と見ているという。