故障者/C大阪=澤上、山内 川崎=家長、エウシーニョ、田中、井川、舞行龍、大島
出場停止/C大阪=なし 川崎=エドゥアルド・ネット

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ 第9節
セレッソ大阪-川崎フロンターレ
4月30日(日)/19:00/ヤンマースタジアム長居
 
セレッソ大阪
今季成績(8節終了時):8位 勝点13 3勝4分1敗 9得点・7失点
 
【最新チーム事情】
●今週、水曜日のルヴァンカップ・鳥栖戦(4-4)では、水沼と清武が活躍。ただ、スタメンは前節と変わらず、ふたりはベンチスタートになりそう。
●2015年に所属した川崎との一戦に燃える杉本は、リーグ3戦連続ゴールを狙う。
●ルヴァンカップを含めればここ3試合、ドローが続く。そろそろ勝点3がほしい。
 
【担当記者の視点】
 水曜日のルヴァンカップ・鳥栖戦は4-4のドローに終わったが、水沼が2ゴールを挙げ、清武が3ゴールに絡む活躍を見せた。ただ、今節も中盤2列目は左から柿谷、山村、関口の並びになる可能性が高く、水沼と清武は切り札としての起用になりそうだ。
 
 一方、2015年に所属した川崎との一戦に気合いを入れているのは杉本だ。リーグ戦では2試合連続ゴール中と調子を上げており、久々の勝点3獲得へ闘志を漲らせている。かつてのチームメイトに成長した姿を見せられるか注目だ。
川崎フロンターレ
今季成績(8節終了時):7位 勝点13 3勝4分1敗 11得点・9失点
 
【最新チーム事情】
●今週、火曜日のACL・水原三星戦(アウェー)は1-0で勝利。帰国後、1日のオフを挟み、トレーニングを再開した。ただ、今節は大阪でのアウェー戦と、疲労の蓄積が気になる。
●ボランチのE・ネットが累積警告で出場停止。練習では谷口をアンカーに置く形も試された。新布陣を採用する可能性も?
●リーグ戦は3試合連続でドロー中。終盤での失点が目立つ。
●家長と大島が練習に部分合流。復帰時期が模索される。
 
【担当記者の視点】
 火曜日のACL・水原三星戦は、奈良のゴールを守り切り、グループステージ突破へ大きな勝点3を手にした。ただ、アウェーでの激しいゲームとなっただけに、疲労の蓄積が心配される。さらに今節はボランチのE・ネットが累積警告により出場停止と、苦しい状況だ。
 
 そのなか、トレーニングでは本来CBを務める谷口をアンカーに置く新布陣をテストした。スタートは慣れ親しんだ4-2-3-1で入るはずだが、状況を見てシステム変更をする可能性もある。
 
 リーグ戦は3戦連続ドロー中と、勝ち切れないゲームが続く。どの試合も終盤に失点しているだけに、最後まで集中を切らさずに戦いたい。