今をときめく超人気イケメン俳優がずらりと並ぶ話題作『帝一の國』がいよいよ29日(土)から公開になります。そのメンツたるや、まさにゴールデン級。さっそくどんな作品なのかご紹介しましょう!


『帝一の國』のストーリー


全国屈指の頭脳を持つ800人のエリート学生たちが通う、日本一の超名門、海帝高校。赤場帝一(菅田将暉)は、生徒会長をつとめれば将来の内閣入りが確約されているこの高校で「総理大臣になって自分の国を作る」と心に誓い、主席で入学。


トップの座を欲しいままに高校生活を送るつもりだったが、同じく生徒会長を狙うライバルが出現。他にも帝一の野望を阻む学生たちが次々に現れ……。果たして彼は生徒会長の座を射止めることができるのか?

ハマリ役! 帝一役には菅田将暉



本作は、集英社ジャンプSQ.で2010年から6年間連載された古屋兎丸さんの人気コミックの実写映画化。もともと、原作ファンだったという菅田将暉さんは「読んでいた頃から、この役は自分が演じるためにあるんじゃないかと感じていた」と思っていたそう。

マンガ好きで有名な菅田さんが惚れ込んだ赤場帝一という人物は、ライバルを蹴落とすためには手段を選ばない、ある意味ピュア(?)で燃えたぎる情熱の持ち主。若さゆえの自惚れと負けん気とズル賢しさ満載で、爽やかさゼロな好感度20%くらいな男なのに、菅田さんが演じると思わず笑いをこらえてしまうほど面白くて魅力あふれる人間に。すでに観た方々の間では「まさにハマリ役!」との声も。

豪華な若手俳優が勢ぞろい!



注目されているのは、菅田将暉さんだけではありません。映画『ちはやふる』やさまざまなCMにも出演し、活躍めざましい野村周平さん。ドラマ「ラストコップ」の演技もまだ記憶に新しい竹内涼真さん。ドラマに映画、舞台と今後ますます注目度アップ間違いなしの間宮祥太朗さん。ドラマ「きみはペット」でさらに人気急上昇の志尊淳さん。数々の少女マンガ原作映画に出演、不動の人気の千葉雄大さん。

彼らが個性豊かな、いいえキョーレツなキャラクターで登場するのです。しかもガチンコバトルを繰り広げるのです。それぞれがどんなキャラクターなのかは見てのお楽しみ。

見どころシーンは“ふんどし”!?



どのシーンも見どころと言っていいくらい、彼らのドラマチックすぎるドラマが詰まっている本作、あえて一つ挙げるとすれば、帝一たちが通う海帝高校の文化祭・海帝祭のオープニングを彩る“ふんどし太鼓”のシーン。全員が上半身裸&ふんどしでバチを連打するこの場面、なんと彼らの体から湯気を出すために室温2度で撮影されたのだとか。

すごい迫力なのですが、何ともふんどし姿が愛らしく感動と笑いが同時に押し寄せてくるのです。裏切り、友情、家族愛、恋愛、夢と希望、さまざまなテーマがぎゅっと詰まって、ラストまで一瞬たりとも目が離せません。

デートで見に行くもよし、友達や家族と一緒でも盛り上がること間違いなし。特に草食男子やゆとり男子が物足りない女子の皆さんは、ぜひ野心ムンムン男子達に会いに映画館へ足を運んでみて!
(ミカマイコ)

『帝一の國』は4月29日より全国ロードショー