白石あさえの目指せコースデビュー! 連載●第47回 
〜カリスマコーチ内藤雄士がビギナーのために特別レッスン〜


  

アプローチは小さな振り幅でも、しっかりスイングを

内藤雄士コーチ:以下内藤 ドライバーは最も練習してきたクラブなので、さすがにうまく打てていたと思います。

白石あさえ:以下白石 本当ですか。自分では実感がないんですが。

内藤 これからの課題としては、パッティングを含めたグリーン周りのショートゲームですね。経験値に比例する部分はありますが、どれくらい振れば、どれくらい飛ぶかということが、まだわからない感じですね。

白石 そうなんです。感覚がまったくわからなくて、ついつい大きく振りかぶってしまいました。

内藤 練習でやってきたことを思い出してください。両腕の三角形を意識して、手先を使わずに肩でクラブを動かしましょう。ボールはクラブのロフトが上げてくれるので、手先で当てようとしないこと。小さな振り幅ですが、しっかりスイングすることを心がけてください。

白石 練習場と違って、大きく振らないと届かないような気がして……。

内藤 実際のコースでは、ラフもあるのでインパクトの感覚も変わります。そのあたりは体験して慣れていくことも必要です。あと、グリーン上もこれからの練習テーマになりましたね。

白石 パッティングのコツはありますか?

内藤 練習では、基本的なことだけをやってきました。ストロークに関しては、できていると思いますが、問題は距離感です。

白石 強弱の感覚がわからないです。

内藤 カップに対して正対して、右手でボールを転がしてみてください。このボールを転がす感覚をイメージしながら、パッティングの構えをして、その感覚でパターを動かせばいいんです。最初から感覚をつかむのは難しいかもしれませんが、ボールをヒットするというよりも、フェース面でボールを転がしてあげるイメージを持つといいでしょう。

白石 確かにボールの転がり方がスムーズになりました。これなら家でも練習することができますね。

内藤 そうです。パッティングは自宅でも練習ができるので、毎日少しの時間でもいいのでやると必ず効果が出てきます。そうすれば100なんてあっという間に切れますよ。

これくらいのバックスイングの大きさでいいと指示を受ける白石さん。イメージと実際に飛ぶ距離の感覚の一致がこれからの練習テーマになる。


  

練習してきたことを思い出しながら内藤コーチの実演を見る白石さん。手首を使わずに体をしっかり使うことがアプローチでも重要だとアドバイスを受ける。両腕で作った三角形を意識して、肩でスイングできているかをチェックして。

  
グリーン上でボールを下から投げて、カップに向けて転がす。ここでつかんだ感覚をパッティングのストロークに反映させることで、距離感がつかめてくる。

  
(内藤雄士プロフィール)
ないとう・ゆうじ●1969年生まれ。東京都出身。日本大学ゴルフ部出身。ゴルフ部在籍中に渡米し、アメリカの最新理論を習得。1998年にプロゴルファーを教えるツアープロコーチとして活動を開始。日本にツアープロコーチという概念を持ち込んだパイオニア的存在で、丸山茂樹の米ツアーでの活躍の立役者となった。その後も多くのプロのサポートを行なう傍ら、ジュニアゴルファーの育成にも積極的に取り組み、日本ゴルフ界の根本的レベルの底上げに尽力している。ゴルフを中心としたメディアでのレッスンのほか、ゴルフネットワークでのトーナメント解説など、活躍の場は多岐にわたっている。

(白石あさえプロフィール)
しらいし・あさえ●1991年生まれ。千葉県出身。一昨年、念願だったグラビアデビューを果たす。今年も『週刊プレイボーイ』6号をはじめ、各週刊誌の表紙、グラピアページを飾っている。最近は地方競馬、「南関ガールズ」として、各種イベントにも多数参加。近況は公式ブログとインスタグラムに随時アップされるのでチェックを。ゴルフのほうはコンスタントに練習場に足を運び、メキメキ上達。目標はプロアマ戦に出場! 身長:164cm B:94 W:60 H:88 血液型:A型。

撮影協力/ザ・インペリアルカントリークラブ(PGM)


■【内藤雄士ゴルフレッスン】記事一覧>>