故障者/大宮=菊地、沼田、D・ムルジャ、N・ペチュニク、マテウス 浦和=福島
出場停止/大宮=なし 浦和=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ・第9節
大宮アルディージャ - 浦和レッズ
4月30日(日)/15:00/NACK
 
大宮アルディージャ
今季成績(8節終了時):18位 勝点1 0勝1分7敗 2得点・17失点
 
【最新チーム事情】
●ルヴァンカップ・札幌戦は1-1。いまだに今季公式戦未勝利が続く。
●ルヴァンカップ・札幌戦で瀬川が移籍後初得点。好調をアピールした。
●試合前日は非公開練習に。さいたまダービーに備える。
●負傷で前節・G大阪戦を欠場した加藤順が練習に復帰した。
 
【担当記者の視点】
 前節のG大阪戦は0-6と大敗し、勝利は遠いままだ。得点力不足も深刻で、今回の“さいたまダービー”は近年において最も難しいゲームになるのは間違いない。ボールアプローチのスピードや球際の意識は少しずつ改善しているが、リーグトップクラスの攻撃力を持つ浦和に対してどこまで通用するかは未知数だ。
 
 ただ、全体の意思統一がハマれば浦和に対しても互角に渡り合えることは昨季の対戦で証明している。それだけに、チームの不調にメンタルを引っ張られずに、それぞれがなすべき役割にフォーカスして戦えれば光明も見えてくる。
J1リーグ・第9節
大宮アルディージャ - 浦和レッズ
4月30日(日)/15:00/NACK
 
浦和レッズ
今季成績(8節終了時):1位 勝点19 6勝1分1敗 24得点・9失点
 
【最新チーム事情】
●ACLを挟んだが、前節・札幌戦の先発メンバーがベースに。
●「空気が変わる。順位は関係ない」宇賀神がダービーへの想いを語る。
●右ウイングバックは関根が連続出場。駒井の起用も?
 
【担当記者の視点】
 7節の札幌戦から先発5人を入れ替えて臨んだACLのグループステージ5節のシドニー戦は6-1の快勝を収め、選手層の厚さを見せつけた。今回のメンバーは札幌戦がベースになる。
 
 現在未勝利で最下位に沈む大宮だが、R・シルバは「ブラジルでもダービーは特別だった。彼らは全力を尽くしてくる。僕らは今までやってきた良い部分を、出し続けなければ」と、特別な試合だと気を引き締めていた。
 
 さいたまダービーに特別な想いを抱く下部組織出身の宇賀神は、「空気や熱が違うしダービーに順位は関係ない。さいたまで“強いのは”浦和だけというところを見せる」と勝利を誓っていた。