メキシコの首都メキシコ市で栽培されている医療用マリフアナ(2015年11月30日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】メキシコの下院は28日、医療用マリフアナを合法化する法案を圧倒的多数で可決した。今後、エンリケ・ペニャニエト(Enrique Pena Nieto)大統領の署名を経て、公布される。

 採決の結果は、合法化に賛成371票、反対7票、棄権11票だった。上院は昨年12月にやはり大差で可決していた。

 同法案の可決により、科学研究を目的としたマリフアナの使用も可能になる他、医療用と研究用という2つの目的でのマリフアナの生産・販売も許可される。

 ドラッグをめぐる暴力がはびこるメキシコでは、審議の過程で、麻薬政策に関する国民的な議論が行われた。4月に入り、法改正に関する政府の会議後、ペニャニエト大統領は政策を大きく転換し、医療用マリフアナの合法化を提唱した。

 医療用マリフアナ合法化を推進する象徴的存在になったのは、ある家族だ。メキシコ北部に住むこの家族は昨年、娘のてんかん発作の治療のために輸入した医療用マリフアナをめぐる法廷闘争で勝利した。

 少女の父親は今回の合法化について「大きな進歩だ」とAFPに語った上で、さらに大麻の有効成分であるテトラヒドロカンナビノール(THC)を含有する薬剤を処方箋なしでも購入できるようにすべきだと述べた。
【翻訳編集】AFPBB News