空耳エピソードで場内を笑わせた松井玲奈

写真拡大

 山本幸久氏による小説すばる新人賞受賞作を、松井玲奈と清水富美加のダブル主演で映画化した「笑う招き猫」が4月29日、東京・新宿武蔵野館で封切られ、松井をはじめ共演の落合モトキ、前野朋哉、お笑いコンビ「なすなかにし」の那須晃行と中西茂樹、メガホンをとった飯塚健監督が舞台挨拶に出席した。

 若手漫才コンビ「アカコとヒトミ」の本田アカコ(松井)と高城ヒトミ(清水)がお笑いの世界で奮闘し、挫折しながらも固く結ばれた女の友情を糧に夢を追いかける青春物語。松井は「登場人物皆が何かに挑戦し、挫折してももう一度立ち上がるというお話です。笑いながら、ちょっとでも勇気を持って頂けると嬉しいです」と観客に呼びかける。一方の飯塚監督は「報道されている通り、この映画にはいろいろあって。だからこそ今日という日を迎えられて嬉しい」と喜びを噛み締め、「宣伝でも、松井が頭になって頑張ってくれた」とねぎらった。

 この日は、映画タイトルにからめて「私は○○を招く」がトークテーマに。「難しいですねえ」と顔をしかめた松井だが、「空耳を招く」と回答し、「耳があまりよくないというか……。聞こえるんですが、頭の回路でおかしくなっちゃう。さっき那須さんが『福山雅治がいた』と言っていて、『スペシャルゲストで来てくれるんだ、1曲歌ってくれるんだ!』と思った」と明かした。すると那須が「僕は『トイレ入るの不可能だった』と言ったんです。だから理解できなかったんです、入るの不可能と言ったら、1人だけ『え、福山雅治さん!?』ってテンション上がっていたので」とぶっちゃけ、場内は騒然。当の松井は恥ずかしそうに笑っていた。