新井浩文演じる天草純平が歌う「あまくさソング」の配信が決定!/(C)NTV

写真拡大

毎週日曜、日本テレビ系にて放送中のドラマ「フランケンシュタインの恋」。4月23日放送の第1話でも登場した、天草純平(新井浩文)が歌う「あまくさソング」が、視聴者からの熱い反響を受け配信されることが決定した。

【写真を見る】新井浩文は、「凄い反響で逆に怖い」と驚きの言葉を/(C)NTV

同ドラマは、不朽の名作「フランケンシュタイン」をモチーフに、大森寿美男が脚本を手掛けるオリジナル作品。120年もの間、森で孤独に暮らしていた怪物(綾野剛)が、大学生の継実(二階堂ふみ)と出会い恋をする姿を描いたラブストーリー。

今回配信が決定した「あまくさソング」(作詞:大森寿美男、作曲:サキタハヂメ)は、深志研こと怪物が愛聴するラジオの1コーナー「天草に訊け!」のジングルとして制作されたもの。本編ではわずかしか流れていなかったが、実は3番まである“大作”となっている。

「あまくさソング」を歌うことが決まった際には、「デビューシングル『ゴリラパンのうた』のゴリライモには、絶対負けたくないです」と熱い思いを語っていた新井。第1話放送後の思わぬ反響には「すごい反響で逆に怖い」と驚きつつ、喜びを口にした。

今回、5月7日(日)放送の第3話までの天草シーンに、新井渾身(こんしん)のレコーディングで完成した歌をのせた“特別天草PV映像”も公開。ドラマはもちろん、怪物も口ずさむ癖になるメロディーと、妙に耳なじみする新井の歌声にも注目しよう。