「リクライニング、極限まで倒すのは、機能上そうなっているんだから当然の権利じゃないか」
「いや、倒すのは後ろの人の迷惑になるかもしれないから、私は倒さない。そのあたりは空気読まないと」

 飛行機や新幹線、夜行バスなどのリクライニングシートをめぐってのトラブルは、古くて新しい問題といえる。その問題がまた再燃した。きっかけはお笑い芸人の小籔千豊氏のこのツイートだった。

「マックス倒したらダメなんすか?」

3月30日
「新幹線のリクライニングを倒してもいい角度までしか倒れない椅子にしていただけないでしょうか マックス倒したら怒られました 怖くてどこまで倒してよいかわからないよ 倒せるけど怒られるグレー角度を存在させないで 基準ちょうだい マックス倒していいと思ってた 倒してよい角度おせーて」

「リクライニングシート問題 JRとか規定はないんかな 怒る角度はどこかは人それぞれすぎてわからんよ JRはどう思ってるんやろ そこハッキリ断言してほしいな なら揉めへんのに お互いストレスないよね 俺はマックス倒してよいに一票なんやけど ちゃうんかなっっ」

「マックス倒したらダメなんすか? って聞いたら やりすぎでしょ! てゆわれました 恐怖 JRさん!規定キボンヌ」

 小籔氏によれば、これまで1000回以上新幹線に乗ってキレられたのはこれが初めてだという。

 J-CASTニュースによれば、この「リクライニング問題」に関するJR東日本の広報部の担当者の答えは次のようなものだったという。

「前の人が座席をいきなりガクンと倒すと後ろの人は面白くないはずですので、後ろに配慮してゆっくり倒すようにしていただけたら。できれば、一声かけてから座席を倒すようにしてほしいと思っています」

 一方、JR東海の公式見解は次のようなものだ。

「リクライニングの角度につきましては、お客さま同士の譲り合いやお声かけなどでご利用いただくよう、また、ご利用の際は、後ろの席のお客様のご様子に留意していただくよう、ご協力をお願い申し上げています」

 JRとしては、教科書通りに答えるほかないだろう。

 だが、我々としては、気を遣うという社会常識は当然ふまえたうえで、それでもなおかつ何か落としどころを見つけたい。そもそもリクライニングシートなるものは、いつごろ発祥したのだろうか。


カタール航空のエコノミークラス。非常口前の座席がアサインできれば前のシートが倒れることを気にしなくてすむ

19世紀には存在したリクライニングシート

 諸説あるが、1850年頃、フランスのキャンプ用で簡易ベッドにもなるシートにリクライニング機能が備わったものが世界初のリクライニングシートといわれている。交通機関に導入されたのは、19世紀半ば以降のアメリカの鉄道。少なくとも1870年代には、シカゴ〜セントルイス間を結ぶアルトン鉄道などで追加料金不要のリクライニングシート車が存在していたことはまちがいない(http://www.usrail.jp/)。

 ちなみに日本では1950年に完成した特別二等車(現在のグリーン車にあたる)スロ60形客車が起源といわれている。すなわち、アメリカでは明治時代から存在し、日本でもすでに70年近くの歴史を持っている。

リクライニング騒動で9日間に緊急着陸が3回

 しかし、リクライニングについてあれこれと物議を醸すようになったのは、比較的最近という印象が強い。アメリカでこのことが大きな問題となったのは、2014年の夏だった。

 リクライニングをめぐって乗客どうしが揉めて、緊急着陸。それはユナイテッド航空国内線で起きた。48歳の女性がリクライニングしようと試みたができないので、客室乗務員を呼んだ。実は真後ろに座っていた48歳の男性が「ニー・ディフェンダー(膝を守る装置)」と呼ばれる、前席のリクライニングを阻止する器具を取りつけていたことが原因だった。この男性は身長が約185cm。大柄であるうえ、出張で年間7万5000〜10万マイルを飛ぶ男性のために、妻がクリスマスプレゼントとしてくれたものだった。これまでこの器具を使ってトラブルになったことはなかったという。

 乗務員はこの器具を外すように要求したが、男性は拒否。これに怒った女性が男性に向かってスプライトの入った紙コップを投げつけた……。

 この事件を含めて、リクライニングをめぐるトラブルが原因での緊急着陸が9日間に3回も起きて、アメリカでは大きな問題として報じられた。

 この「ニー・ディフェンダー」は、前の座席のトレイテーブルの支えに取りつけるU字型のグリップ状の機器。2003年より21.95ドル(2426円)で売られていたが、2017年4月現在、取り扱いはない。

リクライニングを強制的に阻止するニー・ディフェンダー
http://www.gadgetduck.com/goods/kneedefender.html

 アメリカ連邦航空局(FAA)はニー・ディフェンダーの使用を禁止していない。しかしアメリカのほとんどの大手航空会社、カンタス航空やジェットスター航空などが使用を禁止している。それ以外の航空会社でも使えない可能性が高いと考えた方が無難だろう。

 ちなみにこのトラブルの直後にグーグルが行ったオンライン調査によれば、約66%が「ニー・ディフェンダー」の使用に反対。女性や高収入層(年収1100〜1760万円)では、特に反対する人が多かった。

 日本のエアラインもアメリカのエアラインも、エコノミークラスのシートピッチ(前後の座席の間隔)はほぼ同じ。もともとアメリカ人は日本人よりも体格が大きいうえ、かつてよりも平均身長・平均体重は増えている。これではトラブルも頻発するわけだ。

各交通機関のリクライニング角度は?

 リクライニングの議論をするうえでおさえておかなければならないのは、交通機関・シートピッチ・所要時間・昼か夜かなどによって、条件が大きく異なる点だ。東京から大阪までの1時間のフライトでのリクライニングを非難したとしても、所要時間12時間の夜行バスでの使用に否定的な人は少ないのではないだろうか。

 では、各交通機関の標準的なリクライニング角度とシートピッチはどうなっているのだろうか。

新幹線普通車 非リクライニング時 3度・104cm
新幹線普通車 リクライニング時  28度・104cm
新幹線グリーン車 非リクライニング時 8度・116cm
新幹線グリーン車 リクライニング時  34度・116cm
国際線エコノミークラス リクライニング時 13〜20度・79〜86cm
国際線プレミアムエコノミー リクライニング時 24度・97〜107cm

 小籔氏のツイートで問題となった新幹線は、飛行機のエコノミークラスの標準的なシートピッチよりも25cm広い104cm(普通車)。新幹線普通車の座席はもともと3席を進行方向に180度回転させるため、リクライニングしない状態では垂直に近いという点もおさえておく必要があるだろう。

最も快適な角度は何度?

 そもそもリクライニングは人間工学の見地からみて、どうなのだろうか。

リクライニングシート着座時における快適性の評価
http://sahf.fc2web.com/thesis/2002orbefore/akiho.htm

 この論文によれば、最も快適だとされたのは男性では30度(地表からみて120度)、女性では20度(110度)であった。リクライニングした状態が、より快適なことは数値からも読みとれる。いいかえれば、全員がリクライニングすれば、全員が快適であるが、全員がリクライニングしなければ、全員が快適さを得られないということになる。

 ただし、夜行バスの消灯時ならいざしらず、昼間の飛行機や新幹線では、ばりばり仕事をする人から、前日徹夜で少しでも仮眠をとりたい人まで、さまざまな背景をかかえた人が混在していることが問題を複雑にしている。

 また、リクライニングの論争は、一見倒す側と倒される側がイーブンのように感じるが、実は非対称である。

 倒す側には「より快適な移動空間」を手に入れるという物理的な側面が大きいのに対して、される側は、本来自分の領域である空間が浸食されることへの感情的な側面、あるいは公共の空間で譲り合うことを欠いたと考える倫理的な側面が重要になる。

 前席をリクライニングされても、自分自身のシートの座り心地には影響をあたえないからだ(大柄な人がテーブルを出して、ノートパソコンを使っていたら、リクライニングしてきてお腹につかえたといった特殊なケースはのぞく)。

リクライニング問題を回避する方法はあるのか?

 結局のところ、どこまでいっても神学論争が続くのがリクライニング問題なのだが、我々個人がある程度、問題を回避する方法はある。自分がリクライニングしたい場合は、最後尾の座席を確保することだ。それが不可能な場合でも、シートマップをみて、真後ろがアサインされていない席を選べば、現状埋まっている席よりは空席の可能性が高くなる。

 逆に前の人のリクライニングを回避したい場合には、一番前の席をアサインするか、現状前の席が空席となっている席をアサインすることで自衛するしかない。新幹線などの自由席ならば、空いているほかの席に移ってしまうという方法もある。

 夜行バスでも後ろに気をつかってリクライニングできない人がいることから、以前、福岡と鹿児島を結ぶバス「桜島号」の運転手が「一斉に倒しましょう」と車内アナウンスで告知したことが、ネットで話題となった。

 よいアイディアだと思うが、リクライニング一つとってもお上の号令がないとできないのが日本人の性なのだろうか……。

 みなさんはこのリクライニング問題、どう思われるだろうか?

(橋賀 秀紀)