北朝鮮は29日午前、弾道ミサイル1発を発射したが、失敗したものと推定されている。韓国・聯合ニュースが速報で伝えた。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は平壌。

写真拡大

2017年4月29日、北朝鮮は29日午前、弾道ミサイル1発を発射したが、失敗したものと推定されている。韓国・聯合ニュースが速報で伝えた。

韓国合同参謀本部は「北朝鮮が今日(29日)の午前5時30分頃、平安南道(ピョンアンナムド)北倉(プクチャン)から北東方向に弾道ミサイル1発を発射したが、失敗したものと推定する」と明らかにした。ミサイルは発射直後数秒で爆発したことが分かっている。現在、合同参謀本部は北朝鮮が発射したミサイルの種類と飛行距離などを分析している。

この報道が行われて約2時間の間に韓国のネットユーザーからは2000余りのコメントが寄せられており「もう北への支援はやめだ」「中国は北への原油供給を停止しろ」「こんな北朝鮮と会話をして、開城(ケソン)工業団地を以前の2倍の規模で再開すると言っている文在寅(ムン・ジェイン)(次期大統領候補)は何を考えているんだ」など、北朝鮮に対する制裁強化の声が多く寄せられた。

また、「数秒で爆発って、何だそれ」「また失敗してる」とする声とともに、「発射後に自爆させ、米国が迎撃したように見せかける北朝鮮の戦略ではないか?」「発射はしたいけど、米中が怖いから、わざと爆発させたんだ」「米国の反応を確かめるための発射だな」など、爆発は北朝鮮によるものとする意見や、「さあ、米国はどう出る」「トランプは北朝鮮を攻撃するのかな?」など、米国の出方を懸念する声もあった。(翻訳・編集/三田)