VAMPS最新作『UNDERWORLD』:HYDEが語る、海外進出における戦術とは

写真拡大

4月26日にリリースされたVAMPSのNEWアルバム『UNDERWORLD』は、これまでの海外でのライヴ活動の成果を100%反映させた完全洋楽志向のアルバムといえるだろう。

ともすると日本人の反応が不安視されるところだが、そこは日本でもしっかり土壌を築いてきた彼らの確固たる自信で見事に振り切って見せてくれた。その様は、ある意味爽快なほどである。
じっくりと年月をかけ研究を重ねたうえで満を持して勝負に出た今作。日本ではL釻Arc〜en〜Cielというモンスター・バンドのフロントマンでありVAMPSとしても音楽ファンに絶大な支持を得ているHYDEだが、対海外となると言葉の違い、文化の違い、価値観の違いというハンデがどうしてもつきまとってくる。果たして彼は、そこをどう乗り越えるつもりなのか。このインタヴューでは、その部分に焦点を当て話を聞いてみた。
 
 
―まず、アルバムタイトルの『UNDERWORLD』という言葉はいろんな取り方ができますが、今回このタイトルに込められた意図とは?
 
もともとVAMPSが表現していた世界に名前を付けただけなんですけど。VAMPSってイ△蠅修Δ任覆イ發里鬚い弔睇集修靴討い襪鵑任后N磴┐弌▲薀ぅ瑤離好董璽犬任癲背景を地下とか路地裏っぽくしたりとか、ありそうだけど実際にはない場所をつねに意識していて。分かりやすく言うとマフィアですね。隠れた存在というか、パッと見は全然分からないけど、よく見るとあの人おかしいなとかいうような。
 
―内容は全曲英詞でかなり海外のシーンを意識されているような印象ですが、そういえば前回本誌のインタヴューで、VAMPSはアメリカのラジオで普通に自分たちの曲が流れるようなところが大きな目標だとおっしゃっていましたけど、今作もその目標に向けたものなのでしょうか。
 
そこへ向けて階段をのぼっていくうちのひとつじゃないでしょうか。ただ、今回は特に大きな階段をのぼったかもしれない。プロデューサーがついたというのが一番大きいんですけど、プラスで、ひとつのコンセプトというか、イ海ΔいΕ▲襯丱爐鮑遒蹐イ箸いΠ媼韻それぞれのなかにあって、そこに向かってみんなで作り上げていったというのも大きいかな。
 
―コンセプトというのは?
 
アメリカのシーンにおいて自分たちがどう戦うべきかということを考えたとき、なるべくハードでキャッチーで、ほとんど同じような曲調っていうのが良いんですよね。VAMPSの作品はこれまでかなりバラエティに富んでいて聴く曲によって全然違う表情だったんですけど、逆にそれだと散漫になるので、どこを切ってもVAMPSらしいと感じられるようなひとつの表情というのを意識しました。
 
―最初にできた曲は?
 
一番最初は『SIN IN JUSTICE feat. APOCALYPTICA』ですね。去年の夏くらいにK.A.Zくんが曲を作ってきて。
 
―これも面白いコラボレーションですよね。というか、今回いろんな国のいろんなアーティストとコラボしているじゃないですか。こういうのってどうやって決まっていくものなんですか?
 
APOCALYPTICAに関しては、2年前にSIXX:A.M.のツアーで仲良くなってゼ^貊錣縫張◆鴫ろうよイ辰届辰砲覆蝓△犬磴▲張◆爾妨けて1曲一緒に作ろうかという流れでしたね。VAMPSのメンバーは2人なので、じつはそういうコラボがすごく楽なんです。誰が来ても対応できる。ドラムが来ようが、ギターが来ようが、ベースが来ようが、ヴォーカルが来ようが何とでもなる。
 
―2ピースという身軽さを思いきり活かせると。
 
今回も別にコラボを増やしたかったわけではなく、なんかそういう自然な流れで1、2年の間に自然と集まったんですよね。気が付いたらいっぱい入ってんなぁと(笑)。