28日、人気の高いマンガ「銀魂」(ぎんたま)の実写映画について、中国でも劇場公開される方向で動いているという。資料写真。

写真拡大

2017年4月28日、人気の高いマンガ「銀魂」(ぎんたま)の実写映画について、中国でも劇場公開される方向で動いているという。新浪が伝えた。

【その他の写真】

中国でも絶大な人気を獲得しているマンガ「銀魂」は、動画サイト大手・土豆(TUDOU)が11年からアニメ版も配信している。この人気作品の実写映画が、日本では7月14日から劇場公開されるとあって、中国の「銀魂」ファンが映画の完成度に寄せる関心は非常に高い。

小栗旬、菅田将暉、橋本環奈らが出演するこの実写版についてこのほど、「中国でも劇場公開されるようだ」とネット上で話題が沸騰。というのも今月20日、中国版ツイッターに映画の公式アカウントが開設されたためだ。ポータルサイト大手・新浪(SINA)では28日、関係者から得たというコメントを元に「中国での劇場公開に向けてすでに動きがある」と報道している。

この話題について期待に胸いっぱいのネットユーザーからは、「じらさずに早く教えて!」「もし本当なら待ち遠しい」「公式ページがスタートしたなら、もう間違いないだろう」などといった声が上がっている。(翻訳・編集/Mathilda)