いま実用的な「女性向け資格」はコレ! 仕事・生活でのメリットを3人の女性に聞いてみた

写真拡大

仕事や暮らしに役立てたい。スキルアップにつなげたい。「できること」を増やしたい。「得意なこと」を強化したい。女性向けのサービスを提供し、独立開業したいetc.……。

アラサー世代、「転職」するべき? 今すぐわかる簡単チェック法

そんな風に思い立ったら、今すぐ探したいのは「使える資格」。では、この時代に取得すると実用的な資格って、いったいどんなものがあるの?

今回、自分に必要な資格を取得して、日々の仕事や暮らしに活かしている女性たちに話を聞いてみました。

動物愛玩飼養管理士

公益社団法人日本愛玩動物協会による民間資格。動物の習性や正しい飼育法を学びます。

安易な気持ちでペットを飼い始めたものの、飼うのが難しくなって捨ててしまう行為や、近隣の人とのトラブルに発展してしまう問題は、動物のことをきちんと理解していないがために起きること。この資格はそれらを防止するための啓蒙活動のひとつでもあります。

「大きくふたつの理由から動物愛玩飼養管理士の勉強をしようと決めました。

ひとつめは『自分が大好きな動物についてもっと知りたい』という思いです。もともと動物が好きで、幼い頃からずっと猫を飼っていました。大人になってひとり暮らしの家でも猫を飼う際、動物愛護団体から引き取る方法を知りました。あるとき動物愛護団体を取材したのを機に、のちにその団体から猫を引き取って、今一緒に暮らしています。

飼い始めてから、動物たちが少しでも健やかに、そして幸せに生きるための力になりたいと思うようになったんです。

ふたつめは『仕事につなげたい』という気持ちです。今までも動物に関する取材はしていましたが、どちらかというと『好きだから』という理由で、詳しいわけではありませんでした。ライターという仕事柄、『好き』だけでなく専門的な知識もあれば、もっと求められる場面が増えるのではないかと思ったからです。

とくに資格となると勉強したことが証拠となって残るので、クライアントさんも『勉強した方なら頼みたい』となるはずです」(29歳/ライター)

パーソナルスタイリスト®

一般社団法人 パーソナルスタイリスト®協会による民間資格。

お客さんの顔の形や体型、肌、髪の色などを分析し、ファッションやヘア、メイクなどをトータルでアドバイスする、プロのパーソナルスタイリスト®を目指す人に加え、おしゃれが好きな人やセンスを磨きたい人、ファッション・アパレルの職に就いていて、現場で知識を活かしたい人にも向いています。

「大学卒業後、ファッション関連の仕事に就いていました。某大手アパレルブランドでの接客です。5年近く働いていたのですが、激務で体を壊して、退職。その後は食品メーカーで営業職として2年勤めました。

食の仕事も楽しかったのですが、昔から大好きで、憧れて入ったファッション業界が忘れられなくて、何らかの形でもう一度ファッションの仕事ができないかな、と探していたときに見つけたのが、パーソナルコーディネーター®の資格でした。

昔、ショップに勤めていたときは当然、自社の商品をお客様に勧め、コーディネートを提案する必要がありました。でも、パーソナルコーディネーター®になれば、ひとつのブランドだけでなく、お客様に合うアイテムをいろいろなブランドから持ってきて、総合的に提案することができます。

そうなると、より自由度が高く、素敵な提案もできるはずだと思い、資格取得に到りました。

現在は結婚を機に会社を辞め、フリーのパーソナルスタイリスト®として活動しています。友人知人などの口コミを中心にマイペースで仕事をしています。

細々とではありますが、自分のやりたいこと、得意なことを通じて人の役に立っているなあ、と幸せを実感しています」(32歳/パーソナルスタイリスト®)

ハワイアンロミロミ&ホットストーンセラピスト

ロミロミはハワイの伝統的なヒーリング(癒やし・治療)のこと。ハワイ語で「揉む」という意味があります。

ホットストーンセラピーはおよそ45℃に温めたホットストーンを、全身のツボにのせたり、敷いたりしながら、お灸のように行ない、体の芯まで温まった感覚を味わえるトリートメントのこと。どちらもサロンのメニューのひとつとして提供できます。

「昔から人の体にふれてマッサージするのが好きでした。自分ではあまり覚えていませんが、『小さい頃はよく肩たたきをしてくれる子だった』と母から聞いたこともあります(笑)。

そんな背景もあって、高校卒業後は美容専門学校のエステティック科に進み、フェイシャルエステやボディエステ、リンパドレナージュなどの資格を取得。都内の大手サロンに勤めました。

『ハワイアンロミロミ&ホットストーンセラピスト』の資格を取ろうと決めたのは、サロン勤務時代、ハワイ旅行をしたのがきっかけです。現地で受けたロミロミとホットストーンセラピーが、本当に気持ちよくて、体の深部から癒やされる感覚があったんですよね。

私もこの施術を日本でやりたい、女性たちに体験してもらいたいと思い、帰国後にスクール通いをスタート。

今は地方都市で自分のサロンを経営しています。こじんまりとした小さなサロンですが、地域の皆さんにとって癒やしの場になればいいな、という思いで続けています。

普通のマッサージやアロママッサージは受けたことがあっても、ロミロミやホットストーンセラピーは未体験というお客様も多く、一度施術を受けていただくと、リピートいただけることも多いです」(37歳/サロン経営)


女性向けの資格と一口に言っても、数多くの資格があります。今回ご紹介した3人の経験やエピソードを参考に、自分の将来の夢や目標、ライフスタイルに合った資格を探して、勉強をスタートしてみては。