松山英樹&谷原秀人組は23位タイで決勝へ(撮影:GettyImages)

写真拡大

<チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ 2日目◇28日◇TPCルイジアナ(7,425ヤード・パー72)>
今季よりダブルス形式となった注目の米国男子ツアー「チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ」2日目。3アンダー11位タイから出た松山英樹&谷原秀人組は、トータル9アンダーとスコアを6つ伸ばして首位と6打差の23位タイで予選ラウンドを終えた。

トップはトータル15アンダーまで伸ばしているヨナス・ブリクスト&キャメロン スミス組。1打差の2位にパトリック・カントレイ&パトリック リード組がつけている。
その他、ジョーダン・スピース&ライアン・パーマー組はトータル12アンダーの5位タイグループ。優勝候補の筆頭に挙げられていたジャスティン・ローズ&ヘンリック・ステンソン組、ジェイソン・デイ&リッキー・ファウラー組は予選落ちを喫した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

相談は“グリーン上”のみ!? 好スタートを生んだ松山英樹、谷原秀人組の戦略
“パター変更”が奏功した松山英樹、谷原秀人と3打差の好スタート
師匠・岡本綾子からもツッコミ 森田理香子は18位タイに「ヘタですねぇ…」
ジャンボ尾崎、青木功と同組は「最後にしてもらいたね」
松山英樹にリッキーも!注目プロ名鑑〜選手詳細情報〜