【仁川聯合ニュース】韓国・ソウルの繁華街、弘大エリアを訪れる外国人観光客に旅行関連情報を提供する「トラベルセンター」が29日、弘大入口駅にオープンした。空港鉄道が明らかにした。
オープンしたトラベルセンター=(聯合ニュース)
 同駅地下2階にあるトラベルセンターには、英語・日本語・中国語を話すツアーマネージャーが常駐し、ソウル市の交通・宿泊情報を提供するほか、手荷物の保管・配送、携帯電話用USIMカードの販売などを行う。
 午前8時から午後9時まで、外国人・韓国人を問わず観光客は誰でも利用できる。年中無休。
 空港鉄道は2013年に仁川国際空港駅にトラベルセンターをオープンしたのに続き、16年にはソウル駅にもセンターを設置した。 
 空港鉄道は今回のトラベルセンターオープンを記念して、29日から来月7日まで手荷物預かりサービス、手荷物配送・直通列車(ソウル―仁川空港間)のセット商品の料金を10%〜36%割り引く。
ynhrm@yna.co.kr