今季国内2戦目となる織田記念に出場する桐生祥秀【写真:Getty Images】

写真拡大

10秒01出した織田記念で9秒台へ、土江コーチ「ベースライン上がってきている」

 陸上男子短距離の桐生祥秀(東洋大)が29日、今季国内2戦目となる織田記念(29日・エディオンスタジアム広島)の男子100メートルに出場する。前日練習が行われた28日、東洋大の土江コーチが9秒台に太鼓判を押した。

 練習を見守った同コーチは「非常にリラックスした感じ。自信もあるのかな」と目を細めた。出雲からレース間隔は短いが、「前日の状態が(レースに)関係ないタイプ」と前置きした上で「今日はかなり良かった」と好調を認めた。

 桐生が高3当時、この織田記念で国内2位の10秒01を出してから注目され続ける9秒台。同コーチは「(タイムの)ベースラインが上がってきている。ずっと9秒台と言われるけど、本番で出しにいって出せる状況になってきている」と太鼓判を押した。