金日成主席と金正日総書記の肖像画へ向かって行われた開会式

写真拡大

 米国と北朝鮮の緊張状態が高まりを見せ、世界が例年以上に北朝鮮の動向を注視している。日本のメディアでも「4月危機」や「Xデー」などと煽り気味に報じられている。

 そんな状態にわずかに先立つこと4月9日、春の恒例イベントである平壌マラソンが開催され、北朝鮮当局の発表では、外国人1100人、中国国営のCCTVでは1000人強が参加したという。昨年よりも北朝鮮を取り巻く環境は悪化したにもかかわらず外国人参加者は昨年比で増えたことになる。

 果たして、今年の平壌マラソンはどのような状況だったのだろう? 現地の様子をリポートしたい。

⇒【写真】はコチラ https://hbol.jp/?attachment_id=138071

◆外国人参加者増加の一因は中国のマラソンブーム

 今年の平壌マラソンは、前日まで薄曇りで肌寒い日が続いたが、大会当日は快晴となり杏の甘い香りが漂う絶好のマラソン日和に恵まれた。

 外国人1100人の中で日本人参加者は6人(フルマラソン3人、ハーフ3人)と昨年の22人と比べると3分の1以下となったが、一昨年1人、3年前も1人だったので、昨年が尋常ではなかったと言える。

 2月13日に発生した金正男氏殺害事件をめぐり北朝鮮は国際的な心象悪化を招き、アメリカは再びテロ支援国家に指定しようとしている。そんな状況であっても多くの外国人が平壌へ集結したのは意外だとしかいいようがない。

 大会前にもお伝えしたが、すでに昨年末の時点で北京からの高麗航空の臨時便が満席となり、ホテルも従来の2か所から4か所へ増やすなど、昨年以上の外国人が集まる予想はできた。(参照:「金正男暗殺も平壌マラソンは平常開催。北朝鮮がイベント充実の年間計画を早くも発表した事情」)

 予定通り順当に増えているところを見ると、どうやら、金正男氏殺害事件後もキャンセルが少なかったようだ。

 ただ、今回、外国人が増えた要因の1つとして、中国人参加者の増加も大きい。今、中国では空前のマラソンブームが到来しており、大気汚染がひどい中国を脱出して海外で走りたいという比較的余裕がある市民ランナーが増えているのだ。中国人ランナーが増えた影響だろう、CCTV特派員が平壌から大会をレポートし、中国人ランナーへのインタビューがニュースで流されている。

 今大会では昨年と比べどのような変化があったかをまとめてみたい。

◆給水所のバナナは廃止、水だけに

 まず、会場が改修工事を終えた金日成競技場へと一昨年大会までの会場へ戻されている。マラソンコースは、昨年の10km×4周から折り返し方式となり、フル、ハーフ、10kmがそれぞれ折り返しとなり同じ風景を何回も眺めることはなくなった。さらにハーフや10kmランナーにとっては大きな変化として、ゴールが昨年までの競技場の外でなく、競技場内でゴールできるように変わった。

 ここまでは肯定的な変化。その一方で、ランナーにとっては迷惑な混乱、変化もあったようだ。なぜそうなったのか不思議なのは、今年、第30回大会だったはずが、第28回と2回サバを読んでいたようでこっそりと変更されていた。

 昨年は、見たこともないような真っ黄色なバナナがあった給水ポイントはペットボトルの水のみに。レース中の撮影はルール上、禁止のはずなのにガイドによって伝達漏れがあったようで、撮影者が続出していた。日本人は律儀に守った分、何だか損をした感じがする。

 さらにはランナーにとっては死活問題である制限時間が昨年のフルマラソン4時間から4時間30分に延長されたと発表があったのだが、フタを開けてみれば昨年と同じ4時間のままだったという。アマチュアランナーにとってサブ4の壁は大きく、延長発表でハーフからフルへ切り替えたランナーも多かったはずだ。